ホスピタルダイエットか 20代女性被害 福岡県注意呼びかけ

福岡県は8月20日、台湾の業者からインターネットを通じて入手したダイエット用製品を摂取した20代女性の健康被害情報(疑い)が寄せられたと発表した。女性が服用した製品は過去に死亡例も発生した「ホスピタルダイエット」と類似しており、県は購入・服用しないよう呼びかけている。

ホスピタルダイエット

製品の外箱。7種類の錠剤・カプセル(1日分)が2週間分入っていた(写真は福岡県報道発表資料より)

県の発表によると、女性は6月29日から7月1日にかけて、カプセル2種類と錠剤5種類を服用したところ体調不良となり、医療機関を受診した。吐き気や全身倦怠、動悸、胸痛の症状が出て、医師は低張性脱水症状と診断。通院治療により現在は回復したという。

製品名は不明だが、外箱には「ヤンヒーホスピタル」や「ウェイトロス・プロダクツ」などの文字があり、複数の自治体で被害が起きていた「ホスピタルダイエット」と類似していた。

県の成分分析では、食欲抑制剤のシブトラミン、利尿剤のヒドロクロロチアジド、アミロライド、フロセミド、便秘薬のビサコジル、抗うつ剤のフルオキセチン、抗ヒスタミン剤のクロルフェニラミンといった医薬品成分が検出された。

厚生労働省によると、ホスピタルダイエットはMDダイエット、ヤンヒーダイエットなどとも呼ばれ、向精神薬などを含有したタイ製の無承認無許可医薬品。インターネットを通じて個人輸入されており、2002年以降、複数の死亡例を含む被害事例が報告されていた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 主婦連合会
    公益通報者保護法が2006年4月の施行以降、いまだに法改正が行われていないとして、全国消費者団体連絡...
  2. 森永おっとっと
    森永製菓は12月10日、「おっとっと」や「エンゼルパイ」など13商品の賞味期限を年月日表示から年月表...
  3. 偽造医薬品啓発サイト
    1899年設立の全米消費者連盟(National Consumers League、NCL)は12月...
  4. 多重債務問題懇談会
    2006年12月の改正貸金業法の成立以降、減少してきた多重債務者数の横ばい傾向が鮮明になった。金融庁...
  5. 誇大広告により販売されていたSynovia
    米連邦取引委員会(FTC)は12月5日、健康食品製造販売業者AS Research、LLC(ASR、...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る