【米国】サプライチェーンの可視化で売上増 CIも賛同

米国のMIT(マサチューセッツ州立大学)スローン経営大学院は8月20日、サプライチェーンを可視化することで消費者の信頼性が高まり、売上も増加するとした調査研究を発表した。各国の消費者団体でつくる国際組織「国際消費者機構(CI)」はツイッターでリツイートし、「サプライチェーンの透明性とトレーサビリティに対する消費者の需要が高まっていることが明らかになった」とつぶやいた。

研究者らによる最新調査によると、消費者の多くは企業の社会的責任を重視していて、調査対象者の75%が「企業と消費者との信頼関係を強化する上で透明性が重要な役割を担う」と回答。一方、1700社の81%はサプライチェーンを完全に把握できず、透明性に問題があったという。

サプライチェーンの可視化とは、原材料から最終製品が作られ、消費されるまでのすべてのプロセスを指し、労働条件や環境影響を含めて「見える化」したものだという。実現するには費用がかかる上、リスクが上昇し、時間もかかるが、信頼獲得のための最善の方法だとし、特定の消費者(慈善活動を重視し、利他的で環境保護意識の高い層)からの売上増加につながる可能性があると報告した。

研究者の一人、ティム・クラフト氏は「消費者は購入する製品がどこでどのように作られているかについて詳しく知りたいと考えている。サプライチェーンの可視化にわずかでも投資することは企業にとって大きな違いを生むことになる」と指摘している。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自前の試験施設を持ち、厳しい自動車テストを行うことで知られる米国の消費者団体コンシューマー・リポートc
  2. ニッポン消費者新聞2024年1月号
    特集 東京都消費者被害救済委員会 紛争解決を推進、今年度は4件を審議 ~新会長に沖野眞c
  3. 東京都庁
    ダイオキシン類やPCB、重金属などの化学物質について、東京都が食事からの一日摂取量を調査し、その20c
  4. 消費者庁
    高齢者が介護ベッド用手すり(サイドレール)の隙間に首などを挟んで死亡する事故が毎年発生しているとしてc
  5. 警察庁
    昨年の特殊詐欺の認知件数は前年比8.3%増の1万9033件で、2009年以降で最多となったことが警察c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る