【豪州】消費者団体に配送された新品冷蔵庫、17%が初期不良

豪州の消費者団体CHOICE(チョイス)は10月8日、商品テスト用に購入した冷蔵庫の17%に初期不良があったとして、到着時に温度テストを行い、正常に機能するか確認するよう呼びかけた。同団体は「冷蔵庫は高額な上、10年以上使用する家電製品。不具合に気付かずに使い続けると、長期間悩まされることになる」と指摘している。

チョイス・ラボ(商品テスト室)では年間最大40台もの冷蔵庫をテストしているが、直近12カ月に購入した冷蔵庫の17%(およそ5台に1台)が到着時に「作動しない」「明らかな不具合があった」「表示通りの省エネ性能・保冷機能を発揮しない」などの初期不良が見つかった。白物家電のテスト担当者は「我々は可能な限り消費者と同じ購入方法・配送プロセスを経てテスト品を入手している。我々が経験したことと同じように、すべてのオーストラリア人が初期不良に悩まされている可能性がある」と指摘した。

特に注意が必要なのは保冷機能の不具合。温度計で調べない限り気付くことは難しく、「使い始めるときに必ず冷蔵庫と冷凍庫が適温になるかどうかを確認してほしい」と強調。牛乳などがいつもより早く傷む場合は故障の兆候だと指摘した。

エネルギー性能については電力計が必要だが、消費者が入手するのは難しい。同団体は「冷蔵庫は家庭内のエネルギー消費量の約8%を占める。故障かどうかを判断するには電気料金の推移を確認するしかない」とし、気づかないと大きな損害を受ける可能性があると指摘した。不具合が見つかった場合はすぐに購入店に連絡し、必要に応じて返品や交換対応を求めるよう呼びかけた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 鍋の取っ手は内側に
    米消費者情報誌コンシューマーリポートが、台所での火事ややけどの事故を防ぐポイントを伝授。その6か条と...
  2. インターネット
    インターネット接続の契約終了時、常に業者やプランを変更している人は5人に1人にとどまることが、英国の...
  3. 米運輸省の道路交通安全局(NHTSA)が1979年に開始した自動車アセスメントプログラムが今年で40...
  4. ペットボトル協働回収
    全国清涼飲料連合会(全清飲)は11月の1カ月間、自販機横に設置している「空容器リサイクルボックス」の...
  5. 地方消費者行政調査結果
    消費者庁は10月17日、「令和元年度地方消費者行政の現況」についての調査結果を発表。地方の消費者行政...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る