【豪州】消費者団体に配送された新品冷蔵庫、17%が初期不良

豪州の消費者団体CHOICE(チョイス)は10月8日、商品テスト用に購入した冷蔵庫の17%に初期不良があったとして、到着時に温度テストを行い、正常に機能するか確認するよう呼びかけた。同団体は「冷蔵庫は高額な上、10年以上使用する家電製品。不具合に気付かずに使い続けると、長期間悩まされることになる」と指摘している。

チョイス・ラボ(商品テスト室)では年間最大40台もの冷蔵庫をテストしているが、直近12カ月に購入した冷蔵庫の17%(およそ5台に1台)が到着時に「作動しない」「明らかな不具合があった」「表示通りの省エネ性能・保冷機能を発揮しない」などの初期不良が見つかった。白物家電のテスト担当者は「我々は可能な限り消費者と同じ購入方法・配送プロセスを経てテスト品を入手している。我々が経験したことと同じように、すべてのオーストラリア人が初期不良に悩まされている可能性がある」と指摘した。

特に注意が必要なのは保冷機能の不具合。温度計で調べない限り気付くことは難しく、「使い始めるときに必ず冷蔵庫と冷凍庫が適温になるかどうかを確認してほしい」と強調。牛乳などがいつもより早く傷む場合は故障の兆候だと指摘した。

エネルギー性能については電力計が必要だが、消費者が入手するのは難しい。同団体は「冷蔵庫は家庭内のエネルギー消費量の約8%を占める。故障かどうかを判断するには電気料金の推移を確認するしかない」とし、気づかないと大きな損害を受ける可能性があると指摘した。不具合が見つかった場合はすぐに購入店に連絡し、必要に応じて返品や交換対応を求めるよう呼びかけた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 埼玉消費者被害をなくす会
    経年劣化による火災などを防ぐことを目的とした「長期使用製品安全表示制度」と同「安全表示制度」の認知度...
  2. インターネット
    スマートスピーカーが勝手に起動し、私たちの会話を盗聴しているのではないか――。こうした心配の声が多い...
  3. 国民生活センター
    高温多湿の環境下で実施される「ホットヨガ」について「体調が悪くなった」「嘔吐した」「頭痛がひどい」「...
  4. 欧州消費者同盟
    欧州32カ国の44の消費者団体でつくる欧州消費者同盟(BEUC)は7月7日、オンラインショッピング上...
  5. 電気料金
    電気契約を結ぶ際、法令で義務付けられた契約書面を交付していなかったとして、経済産業省の電力・ガス取引...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る