【米国】自動車衝突試験は男性目線 高い女性の死傷リスク

自動車の衝突事故による女性の死傷リスクが男性よりも高いなどとして、米消費者情報誌コンシューマー・リポートは11月8日、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)が実施する新車アセスメントプログラム(NCAP)の試験方法を、女性目線に改善するよう求めた。衝突試験で使用するダミー人形のほとんどが男性を模したものであり、「男性と女性の体格の差異を考慮しておらず、車に搭載された安全システムが女性を保護していない」と指摘している。

同誌は「女性の死傷率が男性よりも高いことは、研究者の間では数十年も前から既知の事実だった」と強調。ほとんどの衝突試験で1970年代の平均的な男性の体格を模したダミー人形を使ってきたことが要因だと指摘した。同誌の政策アナリスト、イーサン・ダグラス氏は「試験内容のバイアス(偏り)を当局は以前から認識していたが、女性を保護するための対策を放置してきた」と訴えた。

この問題について、米下院のキャシー・キャスター議員がこのほど、試験内容の改善と女性の自動車事故リスク調査の実施をNHTSAに要請。書簡の中で「自動車事故に巻き込まれた女性は死亡や重傷を負う危険性が男性と比べて73%も高い」との調査データを示した。

キャスター議員によると、NHTSNが要請を受け入れて規制作りに着手しても、女性用衝突試験ダミーが実際に導入されるのは2030年になるという。同議員は早急な対応を求めている。

今年40周年を迎えた米国の新車アセスメントプログラム――。コンシューマー・リポートやアメリカ消費者連盟(CFA)などの消費者団体は安全な車の普及について一定の評価を与える一方で、「試験内容が時代遅れだ」として改善の必要性を訴えている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自動車の安全評価試験を実施するユーロNCAPが2022年ベスト・イン・クラス(クラス最高車)を発表しc
  2. ACAPわたしの提言表彰
    公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)は1月19日、「2023年新春講演会」を都内で開き、「Ac
  3. NCL
    米国最古参の消費者団体、ナショナル・コンシューマー・リーグ(NCL)は2月6日、2022年版トップテc
  4. アンケート調査
    日本産業協会(矢島良司会長)は2月1日、2022年度消費生活アドバイザー資格試験に478人が合格したc
  5. エシカル甲子園
    徳島県が主催し、消費者庁が後援する「エシカル甲子園」。その今年度優勝校と特別賞受賞校の2校が1月24c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る