パイオネットにAI導入へ 相談員の負荷軽減や若者対応めざす🔓

年間100万件台で消費者相談事例を収集・登録するパイオネット(PIO‐NET、全国消費生活情報ネットワークシステム)――。

その第5次刷新に際し、AI(人工知能)の技術活用が予定されている。消費生活相談員の負荷の軽減、法執行の精度向上、若年消費者への相談環境整備など、時代に適用した機能強化が目標という。パイオネットはシステム関連器機の運用・保守期限が5年間とされ、来年9月がその期限となることから、現在の「PIO‐NET2015」から「2020」への転換は相談現場にも影響が大きい。情報通信技術の高度化、消費者被害の多様化、22年の成年年齢引下げへの対応などを背景とするAI活用のセキュリティ対策や法執行強化へ向けた悪質事業者の「名寄せ機能」などの整備が注目される。主な刷新項目をピックアップしてみた。

パイオネットは国民生活センターが運営している。全国の消費生活センターをオンラインで結び、消費者トラブル事例をはじめ、消費者行政の基本データを収集するシステムだ。登録される苦情相談事例は後に全国の消費者施策の企画・立案に役立つだけではなく…(以下続く)

(本紙ニッポン消費者新聞11月1日号より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
ジー・サーチ データベースサービス
日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ヱビスビール
    日本ブランドの輸入プレミアムビール人気が高まっているとして、サッポロビールは7月13日、同社主力ブラ...
  2. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県立消費生活総合センターは8月5日~7日にかけて、小学生とその保護者を対象とした消費生活講座「小...
  3. 国民生活センター
    電力は4年、ガスが3年経過した小売り全面自由化。国民生活センターはこのほど、電力・ガスの小売りに関す...
  4. アメリカ消費者連合
    米国内の250以上の消費者団体で組織する「アメリカ消費者連合」(CFA)は7月13日、不動産情報サイ...
  5. イベント
    国内で「新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA」が導入されるなど、コロナ対策としてIT(情報技術...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る