世界のデジタル格差拡大 36億人がインターネット未接続

国連の専門機関、ITU(国際電気通信連合)は11月5日、携帯通信ネットワークが世界の大部分をカバーする環境にありながら、36億人が依然としてネットワークから切り離されていると指摘した。世界的にみると、国レベルだけでなく、男女差でも格差が拡大していると指摘。背景の一つとして、通信に必要なモバイル機器と通信料金の高コスト化があると分析している。

ITUによると、モバイル通信網は世界人口の97%に届いていて、少なくとも93%の人が3G以上のブロードバンドサービスを利用できる環境にある。しかし、実際にネットワークを利用している人は約半数(53%)の41億人で、残る36億人がインターネットの恩恵を享受できていないという。

開発途上にある47国では人口の80%がネットワーク未接続の状態。その中でも格差が広がり、極端な場合、インターネット利用率がわずか2%にとどまっている国もあるという。また、世界の3分の2の国で、女性のデジタル活用能力が男性と比べて遅れているとし、その格差は発展途上地域で拡大していると指摘。世界的に見ても、女性のインターネット利用割合は男性の58%に対し、48%にとどまっていると報告した。

ITUは「1日当たり2.5ドル未満で生活している推定30億人の人にとって、機器と通信費用は依然として高額だ」とし、誰もがオンライン接続できる社会を達成することがSDGsの実現に必要不可欠だと呼びかけた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. イベント
    企業と生活者のパイプ役を担い、働く女性で構成する一般社団法人日本ヒーブ協議会は12月4日と来年1月1...
  2. 英国の消費者団体Which?
    キャッシュレス化や銀行の支店閉鎖が加速する英国で、250を超す地区でATM(現金自動預け払い機)がま...
  3. PL検討委員会
    新しい製造物責任(PL)のあり方を研究する「一般社団法人PL研究学会」(会長・大羽宏一大分大学名誉教...
  4. ホワイトハウス
    来年秋の米大統領選挙に向けた民主党の指名争いで、200ドル未満の少額献金総額が巨額献金総額を上回った...
  5. 全国消費生活相談員協会公開シンポ
    現在の消費者行政はバブル崩壊後の冬の時代に続く、第2期冬の時代に入りつつある――。そんな指摘が11月...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る