ベビーゲートの事故・ヒヤリハット、47%が経験 都が調査

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

安全確保に役立つ一方で、使用方法によっては子どもの事故が起きているベビーゲート(安全柵)――。東京都の調査により、家庭内での使用実態の一端が明らかになった。

調査結果によると、使用者の47%が事故やヒヤリハットを経験していたほか、最も普及するつっぱり式の製品で事故が多く起きていることが判明。製品の対象年齢である2歳を超えて使い続けたり、階段の上につっぱり式製品を設置したりするケースも確認された。都はこれらのデータをもとに安全対策の議論を深め、来年2月をめどに提言を公表する方針だ。

実態調査結果は11月7日、メーカーや消費者団体も参加する都商品等安全対策協議会の第2回会合で報告された。

ベビーゲート

つっぱり式、ねじ止め式、据え置き式など様々な取り付け方法があるベビーゲート(8月5日開催の第1回協議会にて撮影)

それによると、6歳未満の子どもを持つベビーゲート(ベビーフェンス含む)使用者1008人のうち475人(47.1%)がけがやヒヤリハットを経験。ほとんどが「柵が外れた」「閉め忘れて柵を通り抜けてしまった」「けがをしそうになった」などのヒヤリハット事例だったが、71人が実際にけがをして、うち18人が入院していたことがわかった。

また、けが・ヒヤリハット事例の69.1%がつっぱり式を中心とした取り付けるタイプの製品で発生。発生場所は台所と階段に集中し、台所が58.1%、階段の上が18.9%、階段の下が10.5%などの順。階段の上ではけがの発生が多くなり、入院事例の半数を占めたほか、台所ではヒヤリハット事例の割合が高かった。製品の対象年齢である「2歳(24カ月)以内」で使用を止めた事例は27.3%にとどまり、2歳を超えても使い続けている家庭が72.7%にのぼることもわかった。

全国ベビー&シルバー用品協同組合などによると、ベビーゲートの耐用年数は2年が目安。安全対策として、加盟メーカーは独自につっぱり式製品の階段の上への設置を不可としたり、外れるのを防ぐ固定用カップの使用を推奨したりしている。しかし、近年はインターネットを通じて海外品やリユース品が多数流通し、状況把握が困難になっているという。

都は協議会で安全対策のさらなる検討を行い、2月をめどに提言を公表する方針。家の壁を傷つけたくないとして、外れにくいねじ止め式を避ける人も多いことから、新たな固定方法の検討をメーカーに求めるほか、衝撃に強い商品改善、警告表示の強化、使用時の注意点など、調査結果を反映させた対策を盛り込む考えだ。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. Fructis de Garnier
    化粧品大手ロレアル(フランス)が欧州で昨年1月から販売する「Fructis de Garnier」ブc
  2. ソフトバンク光解約
    ソフトバンクの光回線サービス「SoftBank光」の解約を契約満了月の月末近くに申し出た場合、手続きc
  3. amazon
    米国の3月の消費者物価指数(CPI)が前月比で0.6%と急上昇したことを受け、消費者団体コンシューマc
  4. 景品表示法に違反するあやしい広告を高校生と大学生が監視する2020年度埼玉県不当表示広告調査の結果がc
  5. 日本生協連二村睦子常務執行役員
    全国120の地域生協の2020年度供給高(いわゆる売上高)が前年比11.8%増の3兆683億円になりc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る