男女共同参画実現に向けリレーシンポ開催へ 日本ヒーブ協議会

企業と生活者のパイプ役を担い、働く女性で構成する一般社団法人日本ヒーブ協議会は12月4日と来年1月17日、福岡と大阪で相次いで「リレーシンポジウム」を開く。「男女共同参画社会の共創」をテーマにしたもので、内閣府との共催。男女共同参画社会の実現に向け、多様な事例を報告し、話し合う。大阪会場への参加申し込み締切は来年1月10日まで。氏名、所属、住所、連絡先、手話通訳、託児の有無をメールで。手話通訳と託児が必要な人は12月27日までに送信を。問い合わせ先は03-6869-0428。

このシンポジウムは「国・地方連携会議ネットワークを活用した男女共同参画推進事業」の一環として取り組まれる。日本ヒーブ協議会と内閣府との共催で、「生活者・企業・行政で創る未来」が大きなテーマだ。

ヒーブ事務局は「男女共同参画社会の実現へ向けて、地域や世代をキーワードに、多様な事例や現場の声を取り入れながら新しい価値を生む働き方について考える機会として位置付けたい」としている。

二つのシンポジウムには、いずれも内閣府男女共同参画局調査課長の黒木理恵さんとNPO法人日本ファシリテーション協会フェローの加留部貴行さんが参加する。「多様な選択を可能にする学び」と題する基調講演を黒木さんが、それを踏まえたパネルディスカッションでのモデレーターを加留部さんが担う。

12月4日の福岡シンポは、「九州の男女共同参画社会に向けて」がテーマ。ハウステンボス社長・坂口克彦さん、福岡市市民局の宇出研部長が参加する。

1月17日の大阪シンポでは、ダスキンメリーメイド事業部・梶原千左部長、兵庫県議会・中島かおり議員、NPO法人スマセレの田中喜陽会長理事が参加する。

二つのシンポジウムの詳細は日本ヒーブ協議会のウェブサイトまで。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ユニバーサルデザインフード
    将来、在宅介護をする可能性のある人を対象に介護食の認知度を調べたところ、食べやすさに配慮した「ユニバ...
  2. コンシューマーアクション
    米国の消費者団体コンシューマー・アクションの調査によると、6割近くの消費者が「プラスチックは無限にリ...
  3. 主婦連合会
    公益通報者保護法が2006年4月の施行以降、いまだに法改正が行われていないとして、全国消費者団体連絡...
  4. 森永おっとっと
    森永製菓は12月10日、「おっとっと」や「エンゼルパイ」など13商品の賞味期限を年月日表示から年月表...
  5. 偽造医薬品啓発サイト
    1899年設立の全米消費者連盟(National Consumers League、NCL)は12月...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る