【英国】現金引き出せない 250を超す地区が「ATM砂漠」

キャッシュレス化や銀行の支店閉鎖が加速する英国で、250を超す地区でATM(現金自動預け払い機)がまったくない、もしくは1台しかない事態に陥っていることが、消費者団体Which?の最新調査でわかった。同団体は「ATM砂漠となった地区では現金を入手する機会が失われ、コミュニティが大きな打撃を受けている」と指摘し、政府にATMネットワークの保護に乗り出すよう訴えた。

ATMネットワークデータをもとに、郵便番号で区分したそれぞれの地区のATM設置状況を調べた。その結果、130地区でATMがまったくなく、計11万5000人が影響を受けていた。代表的な地区は、人口が多い順にピーターバラ(1万5294人)、ダーリントン(5308人)、ニューカッスル(4532人)など。また、129地区はATMが1台しかなく、そのうち84台は利用料を徴収していた。

こうした地区への対策として、通常は英国全土に1万1500の支店を持つ郵便局が代替の役割を担うことになるが、調査ではATMがまったくない130地区のうち36地区しか郵便局がなかったという。

Which?によると、2018年1月~今年9月までに無料のATMは5万4500台から4万7500台へと減少し、ネットワークが13%縮小していた。月平均578台が撤去されたり、有料に切り替えられたりしている計算だという。同団体は「キャッシュレス化の進展により現金を拒むケースも発生している」などとして、政府に対し▽現金の入手を保証する▽現金払いを含む多様な支払い手段を自由に選べるようにする――ための法制度の整備をおこなうべきだと訴えている。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ダイソン偽サイトトップページ
    実在の通信販売サイトをかたった偽サイトなどに対し、消費者庁は10月21日、当該サイト名を公表し、被害...
  2. rice
    消費者庁は10月20日、農産物の検査規格見直しに伴い、玄米、精米の表示制度の見直しも必要になることか...
  3. ダイドー足操作自動販売機
    コロナ禍の公衆衛生意識の高まりを受け、ダイドードリンコが足による操作で購入できる「足操作自動販売機」...
  4. 脚立の誤使用事例
    脚立やはしごで作業中、バランスを崩すなどして転倒・転落する事故が2019年度までの10年間に398件...
  5. 香港消費者委員会
    消費者保護機関の香港消費者委員会は10月15日、市販の乾燥スパイス37点をテストした結果、約2割から...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る