【米国】タイヤの製造、自動車部品と同様にグローバル化

米消費者情報誌コンシューマー・リポートは9月9日、米国内で販売されているタイヤ172製品の製造国に関する調査結果を報告した。全体の25%が米国製で最も多かったものの、残る75%は海外からの輸入品。同誌は「本国では製造せず、本社から遠く離れた国で製造しているメーカーもあり、自動車部品と同様にグローバル化が進んでいる」と分析した。また、同じモデルでも米国製や日本製、カナダ製など製造国の異なるタイヤが流通しているが、商品テストでは製造国による品質の違いはなかった。

調査したタイヤ172製品は、26カ国で製造されていた。そのうち43製品(25%)は米国製で、現在、米国内に製造工場を持つタイヤブランドはブリヂストン、トーヨー、ニットー、ヨコハマ、ファイアストンの日本勢に加え、欧州勢のBFグッドリッチ(仏)、ミシュラン(仏)、コンチネンタル(独)、米国勢のクーパー、ゼネラル、グッドイヤー、ケリー、ミッキートンプソン、韓国勢のハンコック、クムホ、ネクセンに及んだ。

タイヤの製造拠点がグローバル化する理由として、同誌は「コストの効率化に加え、自動車工場への供給など現地のニーズに対応する必要があり、タイヤメーカーは特定の国でのみ製造することが難しくなった」と解説。たとえば米国で販売されるBFグッドリッチのタイヤは米国製のほか、カナダ製と中国製が流通し、母国フランスでは製造されていなかった。オハイオ州を拠点とする米グッドイヤーはカナダ製、チリ製、トルコ製のタイヤも供給されていた。ブリヂストンタイヤは日本、米国に加え、カナダ、フランス、ハンガリー、メキシコと製造国が世界各国にまたがっていた。

コンシューマー・リポートの商品テストでは、タイヤの品質と製造国との間に明確な違いはみられず、同誌は「製造国で判断するのではなく、寿命やコストを考慮して選ぶとよい」と指摘している。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 東レ「水を纏う」Tシャツ
    東レは水で濡らして冷却効果を得る高機能Tシャツをクラウドファンディングで販売している。9月10日から...
  2. sns
    欧州では、栄養価や加工度などを基に独自の基準で食品をランク付けする「食品評価アプリ」が多数登場してい...
  3. 井上信治消費者担当大臣
    消費者担当大臣に就任した井上信治新大臣は9月17日、初の担当記者会見に臨み、消費者庁及び消費者委員会...
  4. 21日から始まる秋の全国交通安全運動を前に、日本損害保険協会は9月16日、「全国交通事故多発交差点マ...
  5. スマートフォン
    新型コロナウイルス感染症によりテレワークが広がる中、より速いブロードバンド(BB)回線に乗り換えたい...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る