外出自粛中、やめられないスナック類 健康的な選択肢を紹介

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が続き、おうち時間が長くなる中、どうしても手が伸びてしまうのがスナック類。米消費者情報誌コンシューマー・リポートは1月6日、栄養価の高いスナックへと切り替えることで、体調や免疫力の向上に役立てられるとアドバイスした。ヨーグルトやダークチョコレートなど10種類の食品を推奨している。

コンシューマー・リポートの「食品とダイエット」担当者によると、カロリー、塩分、糖分が少なく、栄養価の高いスナック類を選ぶことがポイント。「間食には果物や野菜をおすすめするが、もう少し贅沢なものを楽しみたくなるもの。これから紹介する栄養価の高いスナックを検討してほしい」と呼びかけた。

  • 全粒粉100%のクラッカー…塩分が少ない
  • ダークチョコレート…抗酸化物質の高カカオ含有で、砂糖が少ない。カカオ70%以上のものがおすすめ
  • エネルギーバー…タンパク質と食物繊維が豊富なナッツやドライフルーツが入ったものを
  • フローズンヨーグルト…アイスクリームの代わりに。味もアイスクリームと遜色なく、低カロリー
  • グラノーラ…シンプルなフレーバーで、ナッツ、ドライフルーツ、オーツ麦入りのものを
  • マメ科のスナック…コーンスナックやポテトチップスの代わりに。タンパク質と食物繊維が豊富
  • ナッツ…一日一握りが目安。心臓病や二型糖尿病の予防にも。無塩ならなお良し。アーモンドはフルーティーで自然な甘さがあるのでおすすめ
  • ナッツバター…全粒粉トーストのお供に
  • ポップコーン…塩分、脂肪分が少ないものを選ぶこと
  • ヨーグルト…最高の間食の一つ。プロバイオティクス(体に良い効果をもたらす微生物)、タンパク質、カルシウム、カリウム、マグネシウムを含む
  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会が実施した2020年度「家計・くらしの調査」によると、昨年(1-12月)の消費c
  2. 豪州消費者団体Choice
    豪州の消費者団体CHOICEは9月16日、ペットフード安全法を求める署名運動に開始1カ月足らずで2万c
  3. DECO過剰包装削減キャンペーン
    ポルトガル最大の消費者団体DECO PROTESTEは9月14日、過剰包装削減キャンペーンを開始したc
  4. 東京都健康安全研究センター
    鶏内臓によるカンピロバクター食中毒が発生していることなどから、東京都健康安全研究センターが鶏レバー、c
  5. アグリビジネス
    新型コロナ禍の巣ごもり需要で園芸市場が急成長する中、豪州の消費者団体CHOICEは9月6日、購入後にc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る