東京三弁護士会が災害時ADR 台風19号被災トラブルを解決

東京の三つの弁護士会(東京弁護士会・第一東京弁護士会・第二東京弁護士会)は、台風19号による被災を原因としたトラブルの解決を目指す「災害時ADR(裁判外紛争解決)」を発足した。災害を原因とした近隣トラブル、借地・借家、境界問題、契約の解除、雇用問題などについて、弁護士が間に入って早期・円満解決を図る。

申し立て後、2カ月程度での解決を目指す。申し立て料は無料で、成立手数料は一般ADRと比べて半額になっている。解決額が100万円の場合、成立手数料は4万円(消費税別)で、原則として合意した当事者同士が折半で負担する。取り扱うトラブルは災害を原因としたもの。「隣のブロック塀が地震で倒れて自動車が破損した」「地震により借家が一部壊れてしまったが、大家さんが直してくれない」「地震後突然解雇された」など、分野を問わない。

災害時ADRは常設のADRではなく、災害時に実施される特別な手続き。東日本大震災の際に仙台弁護士会が立ち上げたのが最初で、被災者の負担を軽減する狙いがあるという。問い合わせ等は三弁護士会の仲裁センターもしくは紛争解決センターまで。

関連記事

消費者運動年鑑2019

新着記事

  1. 静岡県中部県民センターに寄せられた2019年度消費生活相談は1893件で、前年度の2145件に比べて...
  2. 欧州消費者同盟
    事件発覚から約5年――。ドイツ最高裁は5月25日、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)に対し、...
  3. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は5月15日、ヨーグルト製品にゼラチン成分を使用しながら...
  4. 消費者庁
    政府は、国民生活安定緊急措置法の対象製品にアルコール消毒製品を追加した。5月26日から施行する。緊急...
  5. ZENB STICK
    ミツカングループが発売したまるごと野菜のスティックタイプ食品「ZENB(ゼンブ) STICK」が、日...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る