三木由希子さん 情報公開は「社会的責任」 制度活用提唱🔓

NPO法人情報公開クリアリングハウス理事長 三木由希子さん

「情報公開制度の意義は、私たち市民が行政などの情報を公開させる権利を持ったことです。従来のような行政サービスとしての情報提供ではなく、私たちの権利として公開を求めていく、そのことが法制度として保障されたことです」

情報公開クリアリングハウス三木由希子理事長

風通しの良い社会、すみずみまで民主的運営が実践される社会構築を求めて発足したNPO法人情報公開クリアリングハウス。創立20周年記念シンポジウムを12月7日に控え、理事長の三木由希子さんはこう強調する。

「権利は行使しないと意味がありません。他人任せではない、私たち自身が情報の公開を求める行動を起こす、それによって、行政が変わり、社会が変わる、そのような大きな意義を持つ制度です」

制度の意義を活かすには「自分を変え、相手を変える、行政と市民との間で健全な緊張関係を育成していくことが何よりも大切」とも。

「この制度は、原則公開・例外非公開という仕組みを持ちます。ではどんな情報が公開され、非公開にされるか…(以下続く)

(本紙12月1日号「消費者問題はいま―提言」欄より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
ジー・サーチ データベースサービス
日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ユニバーサルデザインフード
    将来、在宅介護をする可能性のある人を対象に介護食の認知度を調べたところ、食べやすさに配慮した「ユニバ...
  2. コンシューマーアクション
    米国の消費者団体コンシューマー・アクションの調査によると、6割近くの消費者が「プラスチックは無限にリ...
  3. 主婦連合会
    公益通報者保護法が2006年4月の施行以降、いまだに法改正が行われていないとして、全国消費者団体連絡...
  4. 森永おっとっと
    森永製菓は12月10日、「おっとっと」や「エンゼルパイ」など13商品の賞味期限を年月日表示から年月表...
  5. 偽造医薬品啓発サイト
    1899年設立の全米消費者連盟(National Consumers League、NCL)は12月...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る