米コンシューマーリポートがベストカー選出 トヨタ5部門制覇

米消費者情報誌コンシューマーリポートは2月20日、2020年のベストカーオブザイヤーを発表した。部門別に10車種が最高賞を受賞したが、そのうち8台が日本車で、トヨタが「カローラ」「プリウス」「アバロン」「レクサスRX」「スープラ」の各車種で5部門を制した。

コンシューマーリポートの自動車安全性試験は、メーカーの影響を一切排して、厳正に評価することで知られる。試験車両はメーカーからの提供を受けずに自ら購入。所有する広大な走行用ロードを使い、一般道での走行シーンを想定した試験を行う。

今回の試験ではFCW(前方衝突警告)、AEB(衝突被害軽減ブレーキ)、BSW(死角警告)に加え、新たに歩行者検出システムを評価項目に追加。米国での交通事故による歩行者死者数が6283人(2018年)に上り、1990年以降最多となったことを試験に反映させた。同誌自動車テストシニアディレクターのジェイク・フィッシャー氏は「我々の調査と独自のテストにより、歩行者検出システムは、交通事故に巻き込まれる歩行者の死者数増加という悲劇的な傾向を軽減させることに役立つことが確認された。この機能を一般化させるために試験項目に追加した」とコメントしている。

厳しい走行テストと会員数十万人から得た情報提供をもとに選ばれた2020年ベストカーは以下の通り。

  • 小型車:トヨタカローラ
  • 小型SUV:スバルフォレスター
  • ハイブリッド:トヨタプリウス
  • 中型セダン:スバルレガシィ
  • 大型セダン:トヨタアバロン
  • 中型3列SUV(3列シート):キアテルライド(韓国キア社)
  • コンパクトピックアップトラック:ホンダリッジライン
  • 中型SUV:レクサスRX
  • スポーツカー:トヨタスープラ
  • 電気自動車:テスラモデル3(米テスラ)

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自動授乳枕
    枕に哺乳瓶を固定して、赤ちゃんが自分でミルクを飲めるようにした「自動授乳枕」について、英製品安全基準c
  2. 水
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは11月30日、シャワーは短時間で済ますほうが肌にも環境にもc
  3. 全相協公開シンポ
    ◎法規制求める意見 公的機関と民間との連携も提案 デジタル化に伴う消費者トラブル急増を背景に11月c
  4. 2022年1月1日号
    特集 全相協が公開シンポ開催 「暮らしの変化と広告表示」テーマに議論 法規制求める意見 c
  5. 多摩消費生活センター
    東京都が運営する2カ所の消費生活センターのうち、多摩地域の拠点となる「多摩消費生活センター」が202c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る