【米国】プラスチックごみ対策、最善手は使い捨て製品の禁止

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

食品政策を監視する非営利団体U.S.PIRGは2月20日、プラスチックごみ汚染の最も効果的な対策として、使い捨て製品の禁止措置を提案した。ストローやレジ袋、食品包装、発泡スチロール容器などの規制を要求、「プラスチックごみが洪水のごとく海洋に流出している。浴槽があふれた時は蛇口をしめることが最善手だ」と指摘した。

2月初旬にトム・ウダール上院議員らが抜本的対策を盛り込んだ連邦法案を提出したが、今年中の成立は困難な見通し。米国におけるプラごみ対策は依然として州と自治体が主導する形になっている。

U.S.PIRGがまとめたファクトシートによると、プラスチックごみのうちリサイクルにまわるのはわずか8%。残りの大半が埋め立て地と焼却炉で処分され、一部が環境中に流出して海洋生態系を混乱に陥れている。また、プラごみの半分(47%)を使い捨て製品と容器包装が占める状況だという。

同団体は「わずか数分使われた後に捨てられたストローなどの使い捨て製品が何世紀も海洋を汚染し、クジラやイルカ、ウミガメなどの生物を危険にさらしている。全国の州と自治体は禁止措置をとるべきだ」と呼びかけた。米国では1日平均2億8000万枚以上のレジ袋が使用され、ほとんどが数分間使われた後に廃棄されている。ニューヨーク州が3月からレジ袋の提供を禁止するなど9州が使い捨て製品の禁止措置に乗り出しており、同団体は「他の州も追随を」と呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 欧州消費者同盟
    欧州委員会は3月2日、危険な製品を知らせる警報システム「セーフティゲート(Safety Gate)」c
  2. 消費者庁
    消費者庁は3月3日、「T.Sコーポレーション」(東京都港区)が供給する「BUBUKA ZERO」(ブc
  3. 企業の消費者対応部門の担当者などで構成する公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP・村井正素理事長c
  4. 経済産業省
    経済産業省が主催する第14回製品安全対策優良企業表彰の受賞企業が2月12日、発表され、最高賞となる経c
  5. 東京都健康安全研究センター
    東京都は3月1日、食の安全都民講座「あなたの知らないアニサキス食中毒」のオンライン配信を開始した。都c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る