西友、店内でレタス栽培し即販売 “店産店消”をアピール

西友は2月26日、店内の植物工場で作った採れたてのレタスを野菜売り場で販売する“店産店消”の取り組みを始めた。産地や生産者を知りたいという消費者ニーズにも対応した。天候に左右されない価格・品質・供給量と抜群の鮮度をアピールし、集客につなげたい考えだ。

西友上福岡店の植物工場

3階テナントスペースの一角に設置された植物工場。工場内で袋詰めして地下1階の野菜売り場で販売する(26日、西友上福岡店にて)

植物工場は西友上福岡店(埼玉県ふじみ野市)の3階テナントスペースに設置。植物工場の開発を手掛けるベンチャー企業プランツラボラトリー(東京都港区)がテナントとして入居し、生産したレタスを西友に卸す仕組み。約45坪と手狭なエリアながら1日当たり240株を安定生産していく。

上福岡店の岡山敏尚店長は「野菜売り場では産地や生産者、農薬の使用の有無を把握できる商品が好まれている。こうしたニーズに応え、店産店消の鮮度抜群のレタスを販売できるのは我々としても喜ばしいことだ」と期待感をにじませた。また、プランツラボラトリーの湯川敦之代表は「西友からチャンスをいただき屋内での初めての取り組みとなる。作った野菜をすぐに売り場で販売できることに非常に魅力を感じる」とコメント。今後は栽培品種を4種類に増やし、供給量も拡大させたいと意欲を示した。

西友上福岡店は地下1階が食品売り場、1階が日用品、2階から4階がテナントスペースとなる大型店。インターネット通販の台頭に伴い、テナント誘致が困難となる中、由佐奈穂子不動産部長は「新たなテナント戦略として屋内の植物工場に目を付けた。西友はスーパーマーケットを一番の生業としているのでシナジー効果を期待できる」と語った。

レタス(グリーンリーフ)は水耕・無農薬栽培で、1株137円(税別)。物流エリア内の小手指店(埼玉県所沢市)、西荻窪店(東京都杉並区)、オズ大泉店(東京都練馬区)、光が丘店(東京都練馬区)でも販売するという。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. イベント
    国内で「新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA」が導入されるなど、コロナ対策としてIT(情報技術...
  2. ACAP
    公益社団法人ACAP(消費者関連専門家会議、村井正素理事長)は、消費者問題に関する「わたしの提言」の...
  3. 怪しい広告を見抜く目を養ってもらおうと、埼玉県が実施している「大学・高校連携による不当表示広告調査」...
  4. 英国の消費者団体Which?
    米国との自由貿易協定交渉にのぞむ英国で食品安全への懸念が高まっていることを受け、ディスカウントスーパ...
  5. 埼玉消費者被害をなくす会
    経年劣化による火災などを防ぐことを目的とした「長期使用製品安全表示制度」と同「安全表示制度」の認知度...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る