【欧州】外出自粛中はゲームを 「あつ森」や「マイクラ」推奨

新型コロナウイルス感染症対策として外出禁止が続くフランスで、消費者団体のフランス消費者同盟(UFC)がビデオゲームの利点を専門家と検証し、「あつ森」や「マイクラ」、「マリカー」など子どもにおすすめの10作品を紹介した。

ゲームの中毒性を問題視していたWHO(世界保健機関)がゲーム会社の提唱する「#PlayApartTogether(距離を取って一緒に遊ぼう)」キャンペーンに賛同するなど、新型コロナ禍で注目が高まるビデオゲーム。3月17日の外出禁止令から約1カ月がたとうする中、UFCは子どものケアに苦慮する保護者に向けてビデオゲームの活用を呼びかけた。

UFCのインタビューに対し、臨床心理学者のバネッサ・ラロ氏は「ビデオゲームの利点は多数ある」と指摘。記憶、集中力、マルチタスク(複数の作業を同時あるいは短時間で処理すること)、方角を見定める能力など様々な認知機能が求められ、ビデオゲームをうつ病や統合失調症、脳卒中患者などの治療に役立てていると回答した。高齢者や車いすが必要な人など、多くの人が遊ぶことができる手軽さも大きな利点だとした。

ロラ氏は家にこもり続けるという状況下では、家族が一緒になって遊ぶことが重要だと強調。厳しい現実から一時的に開放され、皆で笑ったり、競争したりする時間が必要だとした。家族でビデオゲームをする場合はモノポリーやトリビアルパスートなどのボードゲームや体を動かすWiiスポーツ(生産終了となったが多くの家庭が持っているという)などを推奨。ゲーム機を持っていない場合はタブレットやスマートフォンのゲームアプリで代用し、無料のパズルなどをするといいとした。

また、子どもが遊ぶゲームとしておすすめなのが任天堂スイッチの「あつまれ どうぶつの森」(英語名:Animal Crossing)。日本では「あつ森」の略称で親しまれており、ラロ氏いわく「楽しくてかわいらしいゲーム」。ゲームに詳しくない保護者に強く推奨した。注意点は「サンドボックスと呼ばれるゲームで、特別な目的がなく終わりがないこと」で、子どものプレイ時間を監視する必要があるという。

建築ゲームのMinecraft(マインクラフト、略称マイクラ)もおすすめ。世界で最も売れたゲームとして知られ、様々な端末で遊べるのが特徴。体積計算や物理学、数学、地質学が学べる奥が深い作品だとした。

そのほか、農業シミュレーションゲーム「ファーミングシミュレータ19」、オンラインサバイバルゲーム「Fortnite(フォーナイン)」、アクションゲーム「アサシンクリード」の中のオプションゲーム「ディスカバリーツアー」(本体ゲームは子どもには推奨せず)、Wiiのダンスゲーム「Just Dance 2020」、アクションゲーム「レゴゲーム」シリーズを推奨。

これらに、誰もが知る人気キャラクターが登場する「マリオカート8」(略称マリカー)、「ポケモンソードとポケモンシールド」、「スーパーマリオパーティー」を加え、全10作品を推奨した。

ラロ氏は「ゲーム対象年齢(PEGI)を確認し、買い与える前にYouTubeで内容を確認することが重要だ」と指摘。さらに「なぜこのゲームで遊びたいのか理由を尋ねて、コミュニケーションを図ること。買い与えない場合は理由を説明してあげてほしい」とアドバイスした。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 非純正バッテリーから発火する中古ノートパソコン
    知人から譲り受けたり、リユースショップで入手したりした中古品による火災や誤使用事故が多発していること...
  2. カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は9月23日、乗用車とピックアップトラック(小型の乗用トラ...
  3. 第48回豊島区消費生活展
    新型コロナ対策で多くの自治体が秋の消費生活展の中止やリモート化を決定する中、東京都豊島区では9月18...
  4. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は9月21日、賃貸物件や宿泊施設に関する詐欺が横行し、今...
  5. 東レ「水を纏う」Tシャツ
    東レは水で濡らして冷却効果を得る高機能Tシャツをクラウドファンディングで販売している。9月10日から...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る