コロナ給付金詐欺50件超す 国民生活センター注意呼びかけ

国民生活センターは5月1日から31日までの「新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン」に寄せられた相談概要をこのほど公表した。1カ月で給付金関連で2721件の相談が寄せられ、うち「給付金手続きを代行するのでマイナンバーカードを貸して」などの詐欺と思われる相談件数が51件あったことを明らかにした。同センターは暗証番号、口座番号、通帳、キャッシュカード、マイナンバーは「絶対に教えないこと、渡さないこと」と消費者に注意を呼びかけけている。

国民生活ンセンターは、5月1日から給付金関連の「消費者ホットライン」を開設。6月2日、5月31日までの1カ月間の相談受付状況を公表した。

それによると、1カ月間に同相談窓口に寄せられた相談は2835件、特別定額給付金10万円に関する手続きや申請方法などの相談が2712件。その中で「詐欺が疑われる相談件数」は51件だった。次のような例だ。

「見知らぬ女性2人が自宅を訪ねてきた。女性は姪の知人を名乗り、特別定額給付金の給付申請に必要なので通帳を預かる、と言った。信用して銀行の通帳とキャッシュカードを見せたところ、通帳とキャッシュカードを持って去った」

これは70歳代女性からの相談。他にも、「自治体の職員から申請を代行するとの電話があった」「給付金の受付番号が届いていないとの電話があり、振込先銀行口座を教えた」「手続きを急いでいる方へ、と書かれた給付金申請書がポストに入っていた」「郵送で申請した直後にSMSが届き、口座番号や暗証番号を入力してしまった」

このような相談が全国から寄せられている。

国民生活センターは「問い合わせがあっても暗証番号、口座番号、マイナンバーなどを絶対に教えないこと」などと注意を呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 消費者庁
    AI(人工知能、Artificial Intelligence)による社会のデジタル化が進行する中、...
  2. コンシューマーリポート
    「99.99%除菌」「細菌やバクテリアを99.99%除去」などとうたって販売されているスチームモップ...
  3. 国民生活センター福原奈央さん
    国民生活センター教育研修部上席調査研究員付主査・福原奈央さん ◎地方消費者行政支援 「見守り活動...
  4. 味の素は7月7日、今年発売50周年を迎える「ほんだし」をリニューアルすると発表した。具だくさんみそ汁...
  5. 今後5年間の消費者政策の重要施策がまとまった。153施策が提示され、それぞれ取組予定と重要業績評価指...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る