コロナ給付金詐欺50件超す 国民生活センター注意呼びかけ


国民生活センターは5月1日から31日までの「新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン」に寄せられた相談概要をこのほど公表した。1カ月で給付金関連で2721件の相談が寄せられ、うち「給付金手続きを代行するのでマイナンバーカードを貸して」などの詐欺と思われる相談件数が51件あったことを明らかにした。同センターは暗証番号、口座番号、通帳、キャッシュカード、マイナンバーは「絶対に教えないこと、渡さないこと」と消費者に注意を呼びかけけている。

国民生活ンセンターは、5月1日から給付金関連の「消費者ホットライン」を開設。6月2日、5月31日までの1カ月間の相談受付状況を公表した。

それによると、1カ月間に同相談窓口に寄せられた相談は2835件、特別定額給付金10万円に関する手続きや申請方法などの相談が2712件。その中で「詐欺が疑われる相談件数」は51件だった。次のような例だ。

「見知らぬ女性2人が自宅を訪ねてきた。女性は姪の知人を名乗り、特別定額給付金の給付申請に必要なので通帳を預かる、と言った。信用して銀行の通帳とキャッシュカードを見せたところ、通帳とキャッシュカードを持って去った」

これは70歳代女性からの相談。他にも、「自治体の職員から申請を代行するとの電話があった」「給付金の受付番号が届いていないとの電話があり、振込先銀行口座を教えた」「手続きを急いでいる方へ、と書かれた給付金申請書がポストに入っていた」「郵送で申請した直後にSMSが届き、口座番号や暗証番号を入力してしまった」

このような相談が全国から寄せられている。

国民生活センターは「問い合わせがあっても暗証番号、口座番号、マイナンバーなどを絶対に教えないこと」などと注意を呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2020

新着記事

  1. 香港消費者委員会
    指紋認証やスマートフォンなどでドアの鍵の開け閉めができる「電子錠(スマートロック)」を巡り、誤作動やc
  2. 国際消費者機構(CI)
    各国消費者団体で作る国際機関「国際消費者機構」(CI、本部・ロンドン)は1月12日、3月15日に実施c
  3. イベント
    都内消費者団体が2月9日にオンラインセミナー「ウィズコロナ時代の新しい活動様式」を開催する。コロナ禍c
  4. 赤信号
    新型コロナウイルス感染拡大によりオンラインショッピングの利用者が増えるのに伴い、玄関先に届いた荷物がc
  5. 東京消防庁
    去年1年間に東京都内で発生した住宅火災は、前年から7件増えた1550件だったことが1月14日、東京消c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る