製品事故未然防止へ品質保証のスマート化を 渡辺吉明さん🔓

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

PL対策推進協議会代表理事・渡辺吉明さん

■PL対策、抜本見直し提言

「PL(製造物責任)制度は、事故の未然防止と、事故発生後の対策という二つの取組を併せ持ちます。ところが現在は、未然防止よりも事故が起きたらどう対応するか、そのような“事故発生ベース”に偏重した考え方が定着しています。これでは事故はなくなりません。今年はPL法施行25周年です。事故を未然に防止するにはどうするか、制度の全面的見直しが必要と考えます」

PL対策推進協議会代表理事・渡辺吉明さん

この一念でまとめられたのがPL対策推進協議会の「最新!PL対策解説書2020」だ。副題に「製品事故未然防止の実現」とある。大きな特徴は、情報通信技術の高度化による環境変化を視野に入れ、その利活用を前提に、幅広い分野でPL対策の改善点を示している点だ。代表理事の渡辺吉明さんは、国内外のPL制度を実務面から担い、製品開発をはじめ、事故防止への活動に長年取り組んできた。同協議会はPL対策やリコール研究、その実施方法などを検討する「PL研究学会」の協力団体として昨年12月に発足した。

渡辺さんは“製品安全の核心は”との問いに、「よりユーザー目線を追求し、消費者基本法が規定する消費者の権利に則り、より消費者目線に沿って課題解決を図ることです」

事業者に対する消費者の信頼醸成が安全確保には不可欠と強調する。

「例えば、消費者との大切なリスクコミュニケーションツールとなる製品マニュアルは、消費者が十分に理解できるよう記載されていないと存在意義はありません。しかも現在はそのような問題以前の問題も深刻化しています。実際にユーザーが手に取って…(以下続く)

(本紙「消費者問題はいまー提言」欄より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. テレビ
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは9月21日、薄型テレビの掃除の仕方を紹介した。デリケートなc
  2. U.S. PIRG
    環境保護や公衆衛生に取り組む非営利団体のみで設立した米国で唯一の投資信託会社グリーンセンチュリー・キc
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会が実施した2020年度「家計・くらしの調査」によると、昨年(1-12月)の消費c
  4. 豪州消費者団体Choice
    豪州の消費者団体CHOICEは9月16日、ペットフード安全法を求める署名運動に開始1カ月足らずで2万c
  5. DECO過剰包装削減キャンペーン
    ポルトガル最大の消費者団体DECO PROTESTEは9月14日、過剰包装削減キャンペーンを開始したc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る