【米国】デジタル分野の精鋭5人を配属、IoT機器などテストへ

消費者情報誌を発行し、世界最大級の商品テスト機関でもある米国消費者団体コンシューマー・リポートが昨年設立した研究機関「デジタルラボ」に、5人の研究員(フェロー)が配属された。いずれもIoTやAIに精通し、第一線で活躍する専門家たち。デジタル分野の消費者保護と基本的な権利に焦点を当てたテストツールの開発や情報発信などを担う。デジタルラボのディレクター、ベン・モスコビッツ氏は「研究員は公開討論の場で発言し、企業に積極的な対応を促し、より良いデジタル製品とサービスが消費者に提供される環境を作り出してくれる」と期待を寄せた。

デジタルラボはデジタル製品・サービスに対するテストツールを開発するために設立された研究機関。技術開発のスピードに法規制が追い付かない中、プライバシーやセキュリティ、消費者の選択する権利などが侵されていないかを消費者団体自らが監視する。クラシファイドサイト大手「Craigslist」創設者で、消費者運動を支援するクレイグ・ニューマン氏が設立費用を支援した。

今回のフェロー公募では、アルフレッド・P・スローン財団が全費用を拠出。10カ月に及ぶ研究プログラムとして行われ、給与や開発費用などがすべてが支援される仕組み。フェロープログラムは来年以降も行われる予定だ。

配属されたフェローは、人工知能の健全性ツールを構築するイニシアティブ「Data Nutrition Project」の共同創設者Kasia Chmielinski氏、IoT機器のプライバシー問題に取り組むノースイースタン大学コーリーコンピュータ・サイエンス大学準研究員Daniel Dubois氏、ミシガン大学準教授Roya Ensafi氏など精鋭ぞろい。

同財団のプログラムディレクター、ドロン・ウェーバー副代表は「デジタル化が進む中、個人のプライバシー保護がますます重要になっている。我々は消費者保護に焦点を当てた新たなツールと枠組みを構築するため、才能豊かな研究者を支援するとともに、コンシューマーリポートとのパートナーシップをより強固にすることを誇りに思う」とコメントしている。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 日本生協連藤井専務
    日本生活協同組合連合会(日本生協連)は10月23日、2020年上期(4~9月)の事業状況を報告し、新...
  2. 札幌
    解禁から1年が過ぎたゲノム編集技術応用食品を巡り、北海道消費者協会(札幌市、畠山京子会長)が厚労、農...
  3. 薬害オンブズパースン会議
    薬害、医療被害発生の防止活動を続ける「薬害オンブズパーソン会議」(代表・鈴木利廣弁護士)はこのほど、...
  4. AARP
    米国の高齢者団体AAPRは10月22日、「タッチレス技術で生活がもっと便利になる」として、手を触れず...
  5. ダイソン偽サイトトップページ
    実在の通信販売サイトをかたった偽サイトなどに対し、消費者庁は10月21日、当該サイト名を公表し、被害...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る