交通事故多発ワースト1は難波交差点 損保協会が最新版公表

21日から始まる秋の全国交通安全運動を前に、日本損害保険協会は9月16日、「全国交通事故多発交差点マップ」の最新版を公表した。2019年の人身事故データをもとに集計したところ、大阪府の「難波交差点」が全国ワースト1位となった。

損保協会は2008年度から全国交通事故多発交差点マップを毎年公表している。地図メーカーのカーナビデータとしても採用され、ドライバーへの注意喚起などに活用されている。

最新版では2019年に発生した全国の交差点における人身事故を集計した。それによると、ワースト1位は23件の人身事故が起きた大阪府の難波交差点。追突事故や左折事故が発生し、前方の安全確認不足や車間距離不足などが原因だった。いずれの事故も軽傷だった。

ワースト2位は、それぞれ16件の事故が起きた3カ所。大阪府の法円坂交差点、同じく大阪府の東天満交差点、香川県の東山崎町交差点となった。ワースト10位までに大阪府の6カ所の交差点がランクインしていた。

マップは日本損害保険協会ホームページで閲覧できる。都道府県別・交差点ごとの傾向や事故状況、事故予防方策などが示されており、同協会は過去データとあわせて幅広い活用を呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. ニッポン消費者新聞2023年1月号
    特集 消費者月間シンポジウム 消費者庁開催 デジタル被害防止策を議論 ~消費者リテラシc
  2. 埼玉県スクショ習慣化キャンペーン
    昨年6月1日に「詐欺的な定期購入商法」の規制が強化された後も、いまだにトラブルが後を絶たないとして、c
  3. 兵庫県立消費生活総合センター
    お試し購入した美容液で皮膚障害を起こすなど「化粧品危害」に関する相談が増加しているとして、兵庫県立消c
  4. 自転車指切断
    ◎NITEが注意呼びかけ 正しい使い方確認を 5月の「自転車月間」にあわせ、NITE(製品評価技術c
  5. スマートフォン
    主要なスマートフォンの4割がプリントアウトした顔写真で画面ロックを解除できたことが、英国消費者団体Wc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る