【欧州】広がる食品評価アプリ 高脂肪食品を推奨するものも

欧州では、栄養価や加工度などを基に独自の基準で食品をランク付けする「食品評価アプリ」が多数登場している。その中に高脂肪・高塩分・砂糖過多の食品を推奨するアプリがあるとして、フランスの消費者団体UFCが問題視している。アプリの評価が食品メーカーの宣伝に利用されている可能性もあり、同団体は「(評価は)あまりにも差別的で消費者の健康に役立たない」と指摘している。

UFCによると、欧州で人気のあるアプリはYuka、OpenFoodFacts、MyLabel、Siga(ポルトガル語で「フォローする」の意)など。このうちSigaは食品の加工度を4段階で評価する「NOVA分類」をベースに開発されたアプリで、独自の評価基準で食品を7段階でランク付けしている。高い評価を得た食品についてはカテゴリーごとに金メダル、銀メダルを授与し、消費者に推奨するなどしていた。

しかし、UFCの調査では、100グラム当たり39.2グラムの砂糖と23.4グラムの脂肪を含むクッキーに金メダルを与えていたことが判明。このクッキーは、政府が主導する食品評価ラベル「Nutri-Score(栄養スコア)」でC判定(5段階の上から3番目)となっていた。また、脂肪60%のフォアグラや脂肪100%のココナッツオイル(どちらも栄養スコアは最低のE判定)にも金メダルを授与していることが明らかになった。

UFCや栄養学の専門家らは「アプリは加工工程でどの程度糖や脂肪、塩が添加されたかを評価対象にしており、最終的な総含有量を考慮していない。このアプローチによる評価は栄養バランスを無視していて、消費者に誤解を与える」と問題視した。一方、Sigaの代表者は「超加工食品を見つけ出すことに主眼を置いている」などとUFCに回答し、分析結果の正当性を主張しているという。Sigaでは、すでに1万点以上の食品にメダルを授与しているという。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. マヨテラスがある仙川キユーポートにある
    キユーピーは10月19日、新型コロナ感染拡大により一時休止していたマヨテラスの見学をオンラインで開始...
  2. コンシューマー
    米非営利団体の憂慮する科学者同盟(UCS)は10月19日、新型コロナ蔓延以降、郵便物の遅配に関する消...
  3. 消費者庁・公益通報者保護法に基づく指針等に関する検討会
    ついて、消費者庁の「公益通報者保護法に基づく指針等に関する検討会」は10月19日、検討をスタートさせ...
  4. インターネット
    マイクロソフト社「Office 2010」の全サポートが日本時間の10月13日、終了した。これを受け...
  5. 国土交通省
    サブリース契約を規制する「賃貸住宅管理業法」の一部が12月中旬に施行されるのを前に、国土交通省は10...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る