LPガスの商慣習是正を 全国消団連、料金明細の明示要請


各地の消費者団体がLPガス(プロパンガス)の取引透明化を求める中、全国消費者団体連絡会(全国消団連)は11月24日、無償配管・無償貸与問題の抜本解決を求める要請書を経済産業省の資源エネルギー庁に提出したと発表した。

無償配管・無償貸与問題とは、LPガス事業者がアパートオーナーにガスの配管や機器を無償貸与する商慣習のこと。LPガス事業者はその費用をガスの契約者(消費者)に転嫁する場合があり、消費者は知らずに費用を負担させられている可能性がある。ガイドラインでは消費者から徴収する場合、請求書への内訳の記載を求めているが、記載する事業者は少ないのが現状だという。

全国消団連は商慣習の是正を求めるとともに、ガス料金の内訳の明示を要請。加えて、これまでのガス料金の「店頭表示」のみでは不十分だとして、ホームページでの標準的な料金メニューの公表を強く求めた。

近年はアパートオーナーがLPガス事業者に過大な要望をするケースもあり、こうした「優越的地位の濫用」が疑われる取引は、アパートを借りる際の取引など多岐に波及している恐れがあるという。全国消団連は省令改正やガイドライン制定から3年が経過しても情報開示や取引適正化には課題が多いと指摘。「問題の解決にはLPガス業界だけでなく不動産業界ともに足並みをそろえて商慣行を改めていく必要がある」として、資源エネルギー庁、国交省、公正取引委員会、消費者庁、地方自治体が連携して抜本的な対策を講じるよう求めた。

関連記事

消費者運動年鑑2020

新着記事

  1. 電話相談
    愛知、岐阜、三重と名古屋の4県市は1月22日、ガス検針票による消費者ホットライン「188(いやや)」c
  2. 防水スプレー
    靴や傘などに使う防水スプレーの吸入事故が増加している問題で、使用者の約13%が危害やヒヤリハットを経c
  3. 消費者庁
    特定商取引法に違反する悪質業者を国や都道府県に通報する「申出制度」の押印が廃止され、PDF形式によるc
  4. ホワイトハウス
    米民主党のジョー・バイデン氏が1月20日、第46代大統領に就任したことを受け、主要な消費者・非営利団c
  5. 香港消費者委員会
    指紋認証やスマートフォンなどでドアの鍵の開け閉めができる「電子錠(スマートロック)」を巡り、誤作動やc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る