「解約できない」、スポーツジム等の契約トラブル急増🔓

国民生活センターは10月11日、スポーツジムやフィットネスクラブ、ヨガ教室などの「スポーツジム等」での深刻な消費者契約トラブルが増加していることを公表。事業者に改善措置を講じるよう求めるとともに、消費者に契約に際して注意するよう喚起した。スポーツジム等については特定商取引法の特定継続的役務取引への指定が検討されたことがあるが、規制対象には含まれていない。

国民生活センター記者発表

スポーツジム等の契約に注意を呼びかける国民生活センター(11日)

トラブル件数が増加していることから、制度的規制の検討も必要になってきた。

国民生活センターによると、スポーツジム等の相談件数は2013年度が2800件台、それが年々増加し、2017年度には3500件台へと急増。特に解約申出の際に、「契約期間中は解約できないと言われた」「高額な中途解約料を請求された」などの相談が多数寄せられているという。「高齢の母が…(以下続く)

 

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

新着記事

  1. 池本誠司消費者委員会委員長代理
    ジャパンライフ事件をはじめ大規模被害が繰り返されてきた預託商法への対策として、消費者委員会の池本誠司...
  2. 消費者庁
    消費者庁は5月20日、地方公共団体の食品ロス削減への取組状況を発表。全ての都道府県や指定都市で取組を...
  3. NACS(公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会)の東日本支部は5月18日...
  4. 「泣き寝入りは超いやや!」が口癖の消費者庁のゆるキャラ「イヤヤン」が5月18日、横浜市や東京都内に出...
  5. コンシューマー
    生活上のトラブルに対して助言をおこなう非営利団体「シチズンズ・アドバイス(Citizens Advi...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る