消費者問題10大項目 今年はコロナ・定期購入など 国セン選定

国民生活センターが選定した2020年の「消費者問題に関する10大項目」が公表された。今年は新型コロナウイルス感染拡大により社会や暮らしが大きく変化。コロナ便乗商法が相次いだほか、ネット通販、定期購入トラブルなどオンライン取引に関連した相談が目立ったとしている。

国民生活センターが選んだ2020年の10大項目は以下の通り。

  • 新型コロナウイルス感染症が流行 消費生活にも大きく影響
  • キャッシュレス決済 利用進むも不正使用相次ぐ
  • 販売を伴う預託等取引契約は原則禁止 消費者庁検討委員会が意見を提示
  • デジタル・プラットフォーム等に関する消費者取引の環境整備を検討
  • 年齢問わず発生 無くならない身の回りの事故
  • 子ども、高齢者を問わずオンライン関連の相談増加
  • 「お試し」定期購入のトラブルが過去最高
  • 改正民法施行 消費生活にも密接に関連
  • 特定適格消費者団体による被害回復訴訟で初めての判決が確定
  • 国民生活センター創立から半世紀を迎える

キャッシュレス決済では、消費増税対策として昨年10月に開始された「ポイント還元事業」やコロナ禍の巣ごもり・非接触対応などにより利用が進む一方で、大手通信電話会社などのキャッシュレス決済サービスで不正使用の発覚が相次いだと指摘。オンライン関連相談の増加を巡っては、通販トラブルが増加したほか、未成年のオンラインゲーム相談が増加傾向にあると指摘した。

トラブルが広がる「定期購入」では、健康食品や飲料、化粧品の通信販売に関する相談が過去最高となったと報告した。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自前の試験施設を持ち、厳しい自動車テストを行うことで知られる米国の消費者団体コンシューマー・リポートc
  2. ニッポン消費者新聞2024年1月号
    特集 東京都消費者被害救済委員会 紛争解決を推進、今年度は4件を審議 ~新会長に沖野眞c
  3. 東京都庁
    ダイオキシン類やPCB、重金属などの化学物質について、東京都が食事からの一日摂取量を調査し、その20c
  4. 消費者庁
    高齢者が介護ベッド用手すり(サイドレール)の隙間に首などを挟んで死亡する事故が毎年発生しているとしてc
  5. 警察庁
    昨年の特殊詐欺の認知件数は前年比8.3%増の1万9033件で、2009年以降で最多となったことが警察c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る