火災警報器の点検・交換画像、ツイッターに投稿を 東京消防庁

東京消防庁は2月3日、住宅用火災警報器の設置・点検・交換プロジェクトを始めると発表した。ツイッターに点検や交換をしている画像を投稿すると、同庁が「ゲッコウレスキュー隊」に任命し、隊員番号を付与したエンブレムをその画像に配置してリツイートしてくれる。住宅用火災警報器は2010年4月、すべての住宅に設置が義務付けられたが、約10年で電池切れや部品劣化により正しく機能しなくなる可能性がある。コロナ禍で生活スタイルが変化する中、都内では住宅火災の割合が増えており、同庁は改めて設置・点検・交換を促したい考えだ。

「ゲッコウ」とはヤモリの学名(Gekko)で、壁や天井に張り付き、危険を察知すると鳴く習性があることから住宅用火災警報器に見立てた。同庁によると、住宅用火災警報器は主に戸建て住宅に設置されるもので、誰でも点検できるよう点検用のボタンやひもがついている。一方、一定規模以上のマンションなどには「自動火災報知設備」が設置されていて、個人で点検・交換する必要はないという。

投稿した画像は広報にも活用される。ツイッター専用アカウントは「@Tokyo_Fire_D_GR」(東京消防庁ゲッコウレスキュー隊)。詳しい投稿方法や点検・交換方法などは東京消防庁ホームページまで。

総務省消防庁の最新調査(2019年7月1日時点)によると、全国の住宅用火災警報器設置率は82.6%。東京都は89.9%で都道府県別で第4位となっている。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自前の試験施設を持ち、厳しい自動車テストを行うことで知られる米国の消費者団体コンシューマー・リポートc
  2. ニッポン消費者新聞2024年1月号
    特集 東京都消費者被害救済委員会 紛争解決を推進、今年度は4件を審議 ~新会長に沖野眞c
  3. 東京都庁
    ダイオキシン類やPCB、重金属などの化学物質について、東京都が食事からの一日摂取量を調査し、その20c
  4. 消費者庁
    高齢者が介護ベッド用手すり(サイドレール)の隙間に首などを挟んで死亡する事故が毎年発生しているとしてc
  5. 警察庁
    昨年の特殊詐欺の認知件数は前年比8.3%増の1万9033件で、2009年以降で最多となったことが警察c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る