ソフトバンク光、解約は余裕をもって 解除料発生する場合も

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ソフトバンクの光回線サービス「SoftBank光」の解約を契約満了月の月末近くに申し出た場合、手続きに日数がかかるため解約料が発生する場合があるとして4月14日、特定適格消費者団体の消費者機構日本が注意を呼びかけた。消費者から「契約満了月のうちに連絡したのに解除料を請求された」との情報提供があり、同サービスの解約の仕組みを確認したところ、手続きに最低6営業日かかることなどがわかった。機構日本は「解除料を払いたくない場合には日数に余裕をもって申し出てほしい」としている。

ソフトバンク光解約

ソフトバンクのホームページに公開されているソフトバンク光の重要事項説明書。機構日本の要請により解約ルールが詳しく記載されている

消費者から「SoftBank光を解除料なしで解約するため契約満了月の末日近くに連絡したところ、『解約までには連絡から最低でも6営業日を要するので契約満了月を過ぎる』として解除料を請求された」との情報が寄せられた。

機構日本が契約解除日の決まり方を確認したところ、他社コラボレーションサービスへの乗り換えのため解約する場合、乗換え先事業者への切替え完了日が契約解除日となり、切替えの完了は乗換え先事業者の都合によることがわかった。

また、他社コラボレーションサービスへの乗り換え以外で解約する場合、連絡受付日から「6営業日から90日目」の間で希望日を指定できる仕組み。そのため、契約満了月の月末近くに解約を申し出ると、手続きが完了せずに解約満了月を過ぎてしまい、解除料が発生する場合があった。

機構日本は重要事項説明書の解約に関する記載をわかりやすくするようソフトバンクに要請。現在は改定されているという。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. PL研究学会製品リコール研究部会
    PL(製造物責任)に関する総合的な研究を進めるPL研究学会(大羽宏一会長)の「製品リコール研究部会」c
  2. 消費者ネットワークかごしま
    ◎九州ブロックでは5団体目 6月15日、新たに適格消費者団体が認定された。NPO法人消費者ネットワc
  3. ノリ弁情報
    ◎「不開示理由」焦点に 「消費者の権利訴訟」と位置づけ 機能性表示食品の検証データ公開を求めて東京c
  4. 消費者庁
    ◎SNS関連のトラブル急増 センターへの相談率8%台 消費者庁は6月7日、閣議決定された「令和4年c
  5. 2022年1月1日号
    特集 令和4年版消費者白書 相談件数85万件、依然高水準 ~被害推計額は5.9兆円 Sc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る