コロナ禍で人気 観葉植物は返品できるか 豪消費者団体が検証

新型コロナ禍の巣ごもり需要で園芸市場が急成長する中、豪州の消費者団体CHOICEは9月6日、購入後に観葉植物が枯れた場合、返品できるかどうかを検証する記事を発表した。同団体は消費者アンケートも実施しており、購入者の10人に1人が返品を申し出た経験を持つことがわかった。

CHOICE政策担当責任者のアリソン・エリオット氏によると、オーストラリア消費者法(ACL)に基づき「購入した観葉植物に重大な障害がある場合、もしくは購入前に知っていれば買わなかったであろう複数(二つ以上)の小さな障害がある場合、消費者は返金もしくは交換を求める権利がある」という。購入後に枯れた場合でも「業者の説明通りに世話をした、もしくは誤った方法ではなかったという確信があれば、一定の合理的期間内に購入店舗に申し出でほしい」とし、「問題を申し出る時期は早ければ早いほど良い」とアドバイスした。

また、法に基づく返品ルールに加えて、園芸用品小売り大手はそれぞれ独自の返品規約を設けていることがある。ホームセンター大手のバニングスはレシートの提示を条件に最大12カ月の返金・交換対応を実施(花や野菜、鉢植えなど短命の植物は例外)。ネイティブランドスケープグループは植物が気に入らなければ、再販可能な状態であることを条件に返金や返品に応じるとしている。

一方、CHOICEが実施した消費者アンケート(1242人)によると、観葉植物の返品を申し出たことがある人は11%と少なかったが、そのうちの92%は返金もしくは交換に成功していた。残る89%は返品したことがなく、「自分のせいで枯れたと思った」「自分のせいではないことを証明することが難しいと思った」などと返品をためらっているケースが多くみられた。

小売り大手の多くはチャットなどの相談窓口を設置し、専門スタッフが植物の状態を聞き取り、適切なアドバイスを提供する体制を整えている。同団体は「購入前に手入れ方法などの説明を受け、購入後に問題が発生した場合は相談窓口でアドバイスを受けていほしい」と助言するとともに、返品に備えてレシートを必ず保管しておくよう呼びかけた。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. アルミ缶リサイクル協会50周年
    来年2月7日に創立50周年を迎えるアルミ缶リサイクル協会は12月2日、都内で記念式典を開いた。経済産c
  2. JARO山本一広さん
    日本広告審査機構(JARO)専務理事・山本一広さんインタビュー ◎消費者意見踏まえ悪質広告・表示排c
  3. 国民生活センター
    ◎ADR機能も強化 適格消費者団体にもADR情報提供へ 信者に過大な寄付・献金を強要し、その子どもc
  4. 自動授乳枕
    枕に哺乳瓶を固定して、赤ちゃんが自分でミルクを飲めるようにした「自動授乳枕」について、英製品安全基準c
  5. 水
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは11月30日、シャワーは短時間で済ますほうが肌にも環境にもc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る