「想定外」4人に1人 国センが衝突軽減ブレーキなどに注意喚起

衝突被害軽減ブレーキなど「先進安全装置」を搭載した自動車のCMが目立つ中、1月18日、国民生活センターはテスト結果やアンケート結果をもとに「機能を過信しないように」と消費者に注意を喚起した。2000人対象のアンケート結果では、約25%の人が先進安全装置に関係した「想定外の出来事」や物的損害を経験していた。

先進安全装置には「衝突被害軽減ブレーキ」「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」「定速走行」「車間距離制御・車線維持支援装置」などが開発されている。ただ、これらはいずれも現段階では「ドライバーの運転支援装置」であり、過信は禁物とされている。

国民生活センター「パイオネット」(消費生活情報ネットワークシステム)には、2012年度以降、これら先進安全装置に関する相談が142件寄せられ、衝突被害軽減ブレーキに関する相談が119件と最も多いという。

実際に危害を発生した事故も9件あり、うち「2件が重傷」という。ヒヤリハットなど「危険情報」も30件あるとしている。

そこで同センターは先進安全装置の動作をテスト、消費者の使用実態に関するアンケート調査結果を踏まえ、1月18日、「機能を過信せずに安全運手を心がけましょう」との注意を喚起した。

アンケート調査は19歳から79歳までの先進安全自動車を所有している2000人の男女を対象に実施。その結果、約25%の491人が「安全先進装置に係る想定外の出来事」を経験していたことがわかった。多い順に、「急に加速した」「急に減速した」「衝突被害軽減ブレーキが予期せず作動した」「急に停止した」「減速しなかった」「加速しなかった」「他車や構造物等に接触しそうになった」「車両を制御できなかった」「警報が鳴らなかった」「車線を逸脱した」など。

これら491人に損害について尋ねたところ、「他車や構造物等に接触した」「車体が傷付いた」「部品が破損した」などと物的損害があったと回答した人は122人いた。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 農林水産省
    農林水産省の農林水産政策研究所は2月27日、2020年の食料品アクセス困難人口が全国で904万人にのc
  2. 国民生活センター小坂潤子さん
    国民生活センター商品テスト部企画管理課・消費生活専門相談員、小坂潤子さん ◎事故情報は社会の共有財c
  3. アメリカ消費者連合
    アメリカ消費者連盟(CFA)の報告によると、住宅用不動産仲介業者(エージェント)の半数近くが年に一戸c
  4. 姫野誠一郎座長
    ◎3月7日までパブコメ、意見提出呼びかけ 現在、パブリックコメント中の「PFAS(有機フッ素化合物c
  5. なら消費者ねっと
    ◎「消費者の期待に応えていく」と表明 全国で26番目の適格消費者団体としてNPO法人なら消費者ねっc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る