リチウムイオン電池の火災に注意 今年すでに90件 都内

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

東京消防庁は11月4日、リチウムイオン電池から出火する火災が今年すでに90件起きているとして注意を呼びかけた。誤使用が原因の火災が目立ったほか、安く販売されている非純正バッテリーによる事例や一般ごみとして廃棄したためごみ収集車から出火する事例などがあった。同庁は適正使用・適正廃棄を呼びかけている。

同庁によると、リチウムイオン電池の火災は年々増加傾向にあり、2020年までの5年間で399件発生していた。今年は9月末時点ですでに90件(前年は年間98件)起きていて、このまま推移すると前年を上回る可能性があった。これとは別に、リチウムイオン電池によるごみ収集車の火災も増加傾向にあり、2020年までの5年間に56件、今年は9月末時点で15件(前年は年間14件)起きていた。

製品別の火災件数はモバイルバッテリー(95件)、ノートパソコン(38件)、携帯電話機(55件)、コードレス掃除機(25件)、電動工具(14件)、タブレット(14件)、LEDライト(14件)など。誤使用ではバッテリー交換時の穴あけ、分解、充電方法の誤り、非純正バッテリーの使用、落下、水没などがみられ、「コードレス掃除機用バッテリーパック(非純正品)を充電中に出火した」「他社製品の充電器で充電中に電動モップが出火した」などの火災が起きていた。

同庁は▽メーカー指定の充電器や純正バッテリーを使う▽接続部が合致するからといって、充電電圧を確認せずに使用するのはやめる▽膨張、異音、異臭など異常が生じたものは使用しない――よう呼びかけるとともに、「廃棄する際は一般ごみではなく、事業団体が回収するリサイクルに出してほしい」としている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア連邦裁判所は11月29日、雇用関係に関する助言サービス事業者「エンプロイシュア(Empc
  2. スマートフォン
    英国の消費者団体Which?は11月24日、ほぼすべてのインターネット接続製品にセキュリティ対策を求c
  3. vzbv
    修理代が高く、修理する場所も少ないなどの理由から靴の多くが捨てられているとして、ドイツの消費者団体vc
  4. 主婦連サプリメント学習会
    薬害防止活動に尽力する薬剤師の藤竿伊知郎さんが11月24日、主婦連合会主催の学習会で講演し、健康食品c
  5. sns
    豪州の消費者団体CHOICEは11月16日、投資アプリのマーケティング戦略に注意を呼びかけた。宝くじc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る