【米国】スーパーと食品大手の蜜月にメス 当局が商慣習を調査へ

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

食品大手が自社商品を有利な場所に陳列するため、スーパーなどの小売業者に多額の金銭を支払う「共同マーケティング契約」(CMA、cooperative marketing agreement)について、米連邦取引委員会(FTC)が調査に乗り出している。調査を要望していた非営利団体・公益科学センター(CSPI)は1月3日、FTCの行動を称賛するとともに、迅速な調査結果の公表と厳正な執行措置を要請した。

CSPIによると、スーパーと食品メーカーとの間で結ばれるCMA契約では、商品の卸売り価格、販売価格、陳列場所、販促方法などが取り決められ、マーケティング費用と称して多額の金銭がスーパーに支払われている。さらに特定の商品カテゴリーにおいては、契約を勝ち取った食品メーカーが独占的権利を持ち、自社製品だけでなく他社製品の配置についても自由に決定できるという。

CSPIは「スーパーの目立つ場所に不健康な飲料やスナックが陳列される背景に、この契約がある」と指摘。消費者の健康を害するだけでなく、中小食品メーカーが排除され、公正な競争を脅かしていると問題視してきた。同団体は昨年2月にFTCに調査を要請。FTCは昨年11月29日、コロナ下の品不足と価格高騰を理由に、小売り・卸・メーカーなど大手9社に対し商取引に関する資料の提出を求めた。

その中には、受け取ったマーケティング費用、宣伝費用、卸売り価格、出荷先の割り振りなどが含まれており、リナ・カーンFTC委員長は会見で、「サプライチェーンの混乱の背後にある原因を突き止め、競争を阻害している取引手法について明らかにする必要がある」「品不足の際に、どの店舗に優先的に商品が割り振られているのか。反競争的慣行が行われていないかを注視する」などと語った。

報告を求められたのは小売り大手のウォルマート、アマゾン、クロ-ガー、卸大手のC&S Wholesale Grocers、Associated Wholesale Grocers、McLane、食品大手のP&G、タイソンフーズ、クラフト・ハインツの9社。45日以内に回答する必要があり、期日を迎える。

CSPIは数カ月以内に調査結果の公表するようFTCに求めている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. フランス消費者同盟
    ごみの削減をめざし、フランスでユニークなポスティングチラシ抑制実験が9月から始まった。2021年8月c
  2. エクセレントスイーツシリーズ
    ブルボンの「エクセレントスイーツ」シリーズが日本包装技術協会主催の日本パッケージコンテストで菓子包装c
  3. スマートフォン
    米ニューヨーク州議会で6月3日、圧倒的多数で可決した電子機器の「修理する権利」法案(Digital c
  4. 消費者安全調査委員会
    ◎年平均2件、1件当たり調査期間20カ月 「時間かかりすぎ」との指摘も 消費者安全調査委員会(消費c
  5. 東京地方裁判所
    ◎「重い判決」、消費者庁・新井長官コメント 東京地裁で10月4日に下された機能性表示食品情報公開請c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る