コロナで冷凍野菜・果物が人気 米国消費者団体が食中毒菌調査

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

パンデミックで冷凍野菜・果物の売上が伸びる中、米国の消費者団体コンシューマー・リポートが369アイテムを対象に食中毒菌汚染調査を実施した。その結果、いずれも細菌の検出はなく、「私たちは冷凍野菜・果実の食中毒リスクは低いと考えており、(それを裏付ける)心強い結果となった。野菜と果物は冷凍しても栄養価に変化がなく、健康上の利点がある」とコメント。一方で過去に大規模な食中毒事件が起きた例があると指摘し、注意書きをよく読み、正しい保存・調理を心がけるよう呼びかけた。

ほとんどの冷凍野菜は冷凍前に湯通しなどの調理が施されるため、消費者はリスクがないと考えがちだ。同団体によると、冷凍野菜を幼児にそのまま与えたり、調理せずにサラダに入れたりするケースがあるという。

しかし、食中毒菌を原因としたリコール事例も多く、2016年にはリステリア菌に汚染された冷凍野菜によるアウトブレイクが発生。42ブランド、450超のアイテムを対象とした大規模リコールが実施された。米医薬品当局(FDA)によるとその後も、少なくとも20件のリコールが実施されているという。

コロナ禍で冷凍野菜・果物の売上が伸びており、第1波の年には冷凍果物が約30%増、冷凍野菜は約15%増と市場が拡大した。16年のアウトブレイク以降、業界も厳格な管理プログラムを採用するなどリスク低減に努めているが、コンシューマー・リポートは「新生児、高齢者、妊婦、病気中の人は健康な人と比べて食中毒リスクが高い。冷凍野菜の加熱調理は重要だ」と呼びかけている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 米連邦取引委員会
    SNSや動画投稿サイトでキッズインフルエンサーが人気を集める中、米連邦取引委員会(FTC)は10月にc
  2. 塩
    千葉市は昨年度に始めた食品各社との減塩に関する普及啓発事業について、今年度も締結先を拡大して継続実施c
  3. 炭酸飲料
    英政府は5月14日、肥満対策として打ち出した「不健康な食品の取引・広告に関する規制」について、一部延c
  4. イベント
    日本ヒーブ協議会は4月15日、今年度定時総会と記念講演会を開催、今後の活動方針を決めた。総会では代表c
  5. U.S. PIRG
    ◎GAPやPVHが段階的廃止を表明 環境中で分解されにくいことから「永遠の化学物質」と呼ばれるPFc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る