豪州でボタン電池安全基準 リモコンふた、簡単に開かない構造に

オーストラリアで6月、世界で最も厳格な「ボタン電池の安全基準」が施行される。子どもの誤飲を防ぐための対策が盛り込まれており、リモコンや玩具の電池カバーにチャイルドレジスタンスの採用を義務付ける。豪競争・消費者委員会(ACCC)は4月6日、企業に対し「この基準は子どもの事故を防ぐための重要なステップだ。施行後、我々は危険な製品を排除するための執行措置に焦点を当てる」と呼びかけ、自社製品の確認を要請した。

安全基準はボタン電池だけでなく搭載製品も対象とし、パッケージ、設計、構造、表示などの最小要件を定めたもの。ボタン電池については警告表示に加え、容器包装へのチャイルドレジスタンスの採用を義務化。安全性を証明するためのテストも課した。一方、リモコンや玩具、時計、キッチン用品などのボタン電池搭載機器については、電池カバーを子どもが開けてしまわないような構造を求め、チャイルドレジスタンスやネジによる固定などを要件とした。さらに子どもの行動や誤使用を前提に、落下や衝撃でもカバーが開かないような構造を求めた。

安全基準は2020年12月に成立し、18カ月の移行期間を経て6月22日に施行される。基準違反には罰則・罰金が科せられる可能性がある。同国ではこれまで、ボタン電池の事故で子ども3人が死亡、44人が重傷を負っていた。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 欧州委員会が中国製の電気自動車(EV)に最大38.1%の追加関税を課す方針を示したことについて、欧州c
  2. sns
    静岡県内の相談窓口に寄せられた2023年度の消費生活相談件数は前年度比1.5%減の2万5719件となc
  3. 全国消団連学習会
    ◎データ利活用見すえ信頼醸成 インターネットにつながったIoT家電や住宅設備機器が普及する中、全国c
  4. 水
    全国清涼飲料連合会(全清飲)が毎年公表している「清涼飲料水統計」によると、2023年の清涼飲料水生産c
  5. PL研究学会
    日常生活の安全・安心の確立をめざすPL研究学会(大羽宏一会長)の製品リコール研究部会(渡辺吉明部会長c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る