【米国】ナビスコ「リッツ」、全粒穀物の使用割合明記へ

米国の非営利団体、公益科学センター(CSPI)と食品世界大手モンデリーズ・グローバルは共同で7月1日、ナビスコブランド「リッツ(RITZ)」などのクラッカー製品について、全粒穀物の使用割合に関する表示を始めたと発表した。パッケージ前面に大きく「使用する穀物のうち44%が全粒穀物」などと表示していく。

ナビスコリッツ

全粒穀物の使用割合が追記されたナビスコリッツのパッケージ(CSPIホームページより)

米農務省が健康的な食事ガイダンスの中で、摂取する穀物の半分を全粒穀物に置きかえるよう推奨する中、「全粒穀物使用」と強調表示した製品が次々と登場。しかし、使用割合に関する情報開示が不十分なケースが多いことから、CSPIが食品メーカーに対応を求めていた。

今回、表示が改善されたのはナビスコブランドの「リッツ 全粒紛で焼いたフレッシュ・スタック・クラッカー」や「プレミアム 全粒粉で焼いた塩味クラッカー」など。新たに使用割合に関する情報がパッケージ前面に追記され、「使用した穀物の44%が全粒穀物」、「15グラム当たり全粒穀物5グラム」などの表示が加わった。

CSPIは「全粒穀物使用」と強調表示する場合、その近くに使用割合を目立つ形で記載するよう求める運動を展開しており、これまでにワンダーブレッド、サラ・リー、トーマスが呼びかけに応じて表示を改善した。

同団体は「50%の全粒穀物摂取を満たす食生活を達成するには、わかりやすい表示が必要であり、モンデリーズのラベル改善は重要な前進だ。ほかのメーカーが追随することを願っている」とコメントしている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 東京都庁
    東京都は2月8日、組織や事業別に約130あったツイッターアカウントを再編し、19アカウントに集約したc
  2. ホワイトハウス
    バイデン米大統領は2月7日に行った一般教書演説の中で、子どもへのターゲティング広告を禁止する方針を打c
  3. 食品安全グローバルネットワーク院内集会
    ◎表示制度・安全性試験の実態を報告 NPO法人食品安全グローバルネットワークは1月25日、参議院議c
  4. 自動車の安全評価試験を実施するユーロNCAPが2022年ベスト・イン・クラス(クラス最高車)を発表しc
  5. ACAPわたしの提言表彰
    公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)は1月19日、「2023年新春講演会」を都内で開き、「Ac

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る