10月は東京都消費者月間 交流フェスタ、今年もWEB開催に

東京都消費者月間にあたる10月を中心に様々なイベントが行われる「くらしフェスタ東京2022」の開催内容が公表された。長引く新型コロナ感染拡大の影響を受け、今年もオンライン中心の開催となったが、今回は新たに親子で楽しめるワークショップも企画中。「持続可能なやさしい未来へ」をテーマに消費者団体、事業者、行政がくらしに役立つ情報を発信していく。

くらしフェスタ東京は、都と消費者団体でつくる実行委員会の主催。東京都月間事業として10月を中心に消費生活関連イベントとして開催されてきた。新宿駅西口広場で行われてきた交流フェスタは、消費者・企業・行政が直接交流する場として人気を集め、50以上のブースが出展する目玉イベントとなっていたが、コロナ禍で3年連続のWEB開催となった。しかし、今回は新たに親子で楽しめるエシカルなワークショップを企画中。さらに出展団体からの情報配信やクイズラリーなど盛りだくさんの内容を用意する。10月21日~1月20日までホームページから参加できる。

一方、メインシンポジウムは10月12日から11月11日まで録画配信を行う。テレビでもおなじみの菊地幸夫弁護士がもうけ話などの消費者トラブルをわかりやすく解説する。申し込みは不要、参加無料。

そのほか、多摩会場からはお笑い芸人兼ごみ清掃員の滝沢秀一さんが清掃員だからこそ気づく“ごみ育”をテーマに講演。八王子会場からはSDGs講師のマリカ先生が日常生活での実践方法を伝授する。どちらもライブ配信で参加可能。そのほか、食と農セミナーやエコプログラムも開催する。

詳しい日時や参加方法は「くらしフェスタ東京2022」ホームページ参照を。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 水
    米国立衛生研究所(NIH)が今年1月に公表した研究成果によると、市販のボトル入りウォーター1リットルc
  2. 消費者安全調査委員会
    消費者安全調査委員会(消費者事故調、中川丈久委員長)は4月25日、スポーツジムなどで発生している「パc
  3. PFASワーキンググループ
    食品安全委員会のPFASワーキンググループは4月26日、第8回会合を開き、「PFAS(有機フッ素化合c
  4. 米国の保険関連非営利組織「国家保険犯罪局」(NICB)は5月9日、盗難車に関する2023年報告書をまc
  5. 伝統的易学業界
    国民生活センターも参加、トラブル事例を解説 伝統的な易学の研究・普及に取り組んでいる占い関連団体がc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る