国セン「トラブルメール箱」20年の歴史に幕 システム変更で

国民生活センターが2002年4月に開設した情報収集コーナー「消費者トラブルメール箱」が7月31日をもって運用停止となったことがわかった。20年以上に渡って消費者からトラブル情報を収集し、注意喚起などに役立ててきた。直近でも1日平均32件もの情報が寄せられていたコーナーだけに終了が惜しまれるが、重要な役割を果たしたうえでの「引退」となった。

運用停止の理由について同センターは「システム変更によるもの」と説明。ホームページの基幹システムを8月に刷新し、これまでのシステムの中で運用してきたトラブルメール箱を引き継げなかったという。担当者は「多くの消費者の協力のうえに成り立っていたコーナーだけに続けていきたかったが、消費生活相談のDX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進に向けて動き出しているところ。別の形で何かできないか検討している」と語った。

20年前の開始当初はインターネットが今ほど普及しておらず、電話や来所で受け付けた相談事例とは異なる内容のトラブル情報が数多く寄せられ、大きな役割を担ってきたという。トラブルメール箱に寄せられた2021年度情報件数は1万1682件で、1日当たり平均約32件。その情報をまとめたFAQのトップページには年間69万件以上のアクセスがあった。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 欧州委員会が中国製の電気自動車(EV)に最大38.1%の追加関税を課す方針を示したことについて、欧州c
  2. sns
    静岡県内の相談窓口に寄せられた2023年度の消費生活相談件数は前年度比1.5%減の2万5719件となc
  3. 全国消団連学習会
    ◎データ利活用見すえ信頼醸成 インターネットにつながったIoT家電や住宅設備機器が普及する中、全国c
  4. 水
    全国清涼飲料連合会(全清飲)が毎年公表している「清涼飲料水統計」によると、2023年の清涼飲料水生産c
  5. PL研究学会
    日常生活の安全・安心の確立をめざすPL研究学会(大羽宏一会長)の製品リコール研究部会(渡辺吉明部会長c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る