身体に危害を受けた相談、年間1万件超 化粧品、エステが上位🔒

◎国民生活センターが集計 中高年と女性に危害集中

国民生活センターは9月7日、PIO-NET(パイオネット、全国消費生活情報ネットワークシステム)に収集された2021年度の生命・身体事故の関連情報をまとめた。

消費生活センターに寄せられた「危害・危険情報」の合計は約1万3000件。前年より12.2%減となった。実際に事故が発生した危害情報は約1万1000件。「化粧品」「健康食品」「医療サービス」が上位を占めた。この危害情報は前年度より約1700件減少。「化粧品」が増加する一方で、「健康食品」が大幅に減少したことが大きく影響したという。被害者は8割近くが女性だ。

国民生活センター

一方、事故発生の可能性がある危険情報は約1900件。前年より約170件減少した。「四輪自動車」「調理食品」「電話関連機器・用品」が目立つ。前年度は珪藻土(けいそうど)使用の部商品にアスベストが含まれていたことが問題となったが、国民生活センターはこれを使用した敷物類の危険情報が約70件減少したことが危険情報の減少に影響したとする。危害・危険情報がともに減ったとはいえ、深刻事故やその可能性のあるリスク高い事案はまだまだ多い。

身体に被害を受けた相談件数では最も多かったのが、化粧品・医薬品類・家庭用電気治療器具を含む「保健衛生品」。「危害」総数1万1000件のうち約4000件、4割近くを占めた。この中では「化粧品」が8割……(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」10月1日号より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン
📌ファクティバ

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自前の試験施設を持ち、厳しい自動車テストを行うことで知られる米国の消費者団体コンシューマー・リポートc
  2. ニッポン消費者新聞2024年1月号
    特集 東京都消費者被害救済委員会 紛争解決を推進、今年度は4件を審議 ~新会長に沖野眞c
  3. 東京都庁
    ダイオキシン類やPCB、重金属などの化学物質について、東京都が食事からの一日摂取量を調査し、その20c
  4. 消費者庁
    高齢者が介護ベッド用手すり(サイドレール)の隙間に首などを挟んで死亡する事故が毎年発生しているとしてc
  5. 警察庁
    昨年の特殊詐欺の認知件数は前年比8.3%増の1万9033件で、2009年以降で最多となったことが警察c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る