【米国】競合企業への転職禁止は経済損失 条項の使用禁止を要請

米国の消費者・労働者など25団体は連名で12月14日、連邦取引委員会(FTC)に対し、雇用契約における競業避止条項の使用禁止を求める要請書を出した。25団体は「雇用主による同条項の使用は何千万人もの労働者の流動性を抑制し、賃金の低下を招き、新たなビジネスの創出を減らし、危険な労働環境に労働者を閉じ込めることにつながる」と主張している。

要請書を提出した団体の一つ、パブリック・シチズンによると、2019年3月にも同条項の違法性をFTCに請願し、使用禁止を含めた措置に乗り出すよう求めていた。その後、バイデン政権がFTCに調査を指示。今年9月にはリナ・カーンFTC委員長が上院司法委員会で「経済界で競業避止条項の使用が増えていることを詳細に精査している」と発言するなど、取締りに向けた法的基盤が整いつつあるという。

25団体は「競業避止条項は非競争的で、経済全体に損害を与える。雇用主はこの条項で労働者を縛るのではなく、適切な賃金、定期的な昇給と昇進、公正な待遇を提供することで定着を促す必要がある」などと訴えている。

規則の作成には時間がかかるため、2024年の大統領選に突入すると実現が危ぶまれるという。25団体は「バイデン政権は労働市場における競争の復活についてコミットしている。有害な競業避止条項を撤廃するという歴史的なチャンスを無駄にせず、FTCは今すぐに作業に取りかかるべきだ」と呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. PFASワーキンググループ
    食品安全委員会のPFASワーキンググループは4月26日、第8回会合を開き、「PFAS(有機フッ素化合c
  2. 米国の保険関連非営利組織「国家保険犯罪局」(NICB)は5月9日、盗難車に関する2023年報告書をまc
  3. 伝統的易学業界
    国民生活センターも参加、トラブル事例を解説 伝統的な易学の研究・普及に取り組んでいる占い関連団体がc
  4. 消費者庁デジタル班
    詐欺的定期商法など排除へ 事業者への注意喚起通知1600件 インターネット通信販売に関するトラブルc
  5. U.S. PIRG
    プラスチック製品に欠かせない原材料「プラスチックペレット」の環境への放出を禁止する法案が米下院で支持c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る