特別用途食品の申請手続き緩和へ 企業の負担を軽減、活用促す🔒

◎消費者庁が制度改善に着手 日本健康・栄養食品協会の要望受け

消費者庁は12月19日、「特別用途食品の許可等に関する委員会」を開き、申請手続きを緩和する方針を固めた。シリーズ商品の一括申請を認めるほか、義務表示以外の表示の変更に伴う届け出を不要とする。運用改善を図ることで事業者の負担を減らし、制度の活用を促したい考え。日本健康・栄養食品協会が12月2日、新井ゆたか消費者庁長官宛てに制度の見直しを求める要望書を提出していた。委員会では5項目の改善案が承認され、消費者庁は通知の改正作業に入る。

特別用途食品の許可等に関する委員会

YouTubeでライブ配信された「特別用途食品の許可等に関する委員会」。約50人が視聴した(ウェブ上の画像、12月19日)

特別用途食品は、乳児の発育や病者の健康保持・回復などに適するという特別の用途について表示を行う食品。消費者庁に表示許可などを申請し、許可を得る必要がある。現在、アレルゲン除去食品や低たんぱく食品、嚥下困難者向けのゼリーやとろみ付け、乳児用粉ミルクなど94件が許可を受けている。

一方、消費者庁が実施した2020年度調査によると、253の医療施設で利用されていた病者向けの加工食品(濃厚流動食、栄養補給ゼリー・飲料など)492品のうち特別用途食品として認可を受けた食品はわずか24品(約4.9%)。調査結果報告書の中で、同庁は「(摂食・嚥下障害者や栄養補給が必要な人に)特別用途食品以外の製品が多くの品目で利用されていた」として「特別用途食品制度の一層の活用が必要」との認識を示していた。

19日にオンラインで開かれた委員会で示された運用改善案は▽製品の同等性の整理とシリーズ商品の一括申請……(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」1月1日新年特集号より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン
📌ファクティバ

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 引越安心マークのトラック
    新生活シーズンを迎える3月から4月にかけて引越の依頼が集中することから、国土交通省や全日本トラック協c
  2. U.S. PIRG
    米国の非営利団体U.S.PIRGは1月24日、11州の議員が水銀を含む蛍光灯の段階的廃止を目指し、法c
  3. 厚生労働省
    ◎ピアスで金属アレルギー、カビ取り剤や防水スプレーで悪心 厚生労働省がまとめた年次報告書によると、c
  4. フランス消費者同盟
    フランスの消費者団体UFCは1月24日、洗剤を使わなくても汚れが落ちるとうたう「洗濯ボール」の商品テc
  5. 主婦連合会
    ◎「平和で持続可能な未来」テーマに議論 全国各地の消費者団体で組織した大会実行委員会主催の第61回c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る