特商法、抜本改正を 新手の悪質手口への柔軟対応を要望 消団連

全国消費者団体連絡会(東京都千代田区)は6月15日、特定商取引法の速やかな抜本的改正を求める意見書を消費者担当大臣や消費者庁長官などに提出した。同法は頻発する消費者トラブルの発生に応じて改正や対策が図られてきたものの、行政の窓口に寄せられる消費生活相談の大半が依然として特商法分野のものとなっていた。全国消団連は「急速に進展する社会に対応できる、抜本的な改正が必要」だとして、速やかに検討の場を設けるよう求めている。

特商法(前身は訪問販売法)は消費者トラブルが発生しやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールなどを定めたもの。消費者庁は被害の発生状況を精査しながら改正や見直しを図っており、近年は詐欺的な定期購入商法、送り付け商法、悪質住宅リフォームなどへの対策が講じていた。

しかし、年間85万件の消費生活相談のうち約55%を特商法分野が占めるなど、依然として同分野での被害が多発。全国消団連は「法改正により措置されたにもかかわらず定期購入の被害も増加傾向にある」としたほか、訪問販売・電話勧誘販売による高齢者被害、マルチ商法による若年層被害も後を絶たないと指摘した。

さらに、デジタル化の進展とともにSNSを介した匿名性の高い悪質勧誘による被害も増えているとし、「不断に特商法改正を行い続けることが必要」、「新たな消費者被害に柔軟に対応できる特商法が必要」、「急速に進展する社会に対応できる、抜本的な改正が必要」などと要請。消費者担当大臣、消費者庁長官、消費者委員会委員長、国民生活センター理事長に意見書を提出し、早急に検討手続きに入るよう求めた。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自前の試験施設を持ち、厳しい自動車テストを行うことで知られる米国の消費者団体コンシューマー・リポートc
  2. ニッポン消費者新聞2024年1月号
    特集 東京都消費者被害救済委員会 紛争解決を推進、今年度は4件を審議 ~新会長に沖野眞c
  3. 東京都庁
    ダイオキシン類やPCB、重金属などの化学物質について、東京都が食事からの一日摂取量を調査し、その20c
  4. 消費者庁
    高齢者が介護ベッド用手すり(サイドレール)の隙間に首などを挟んで死亡する事故が毎年発生しているとしてc
  5. 警察庁
    昨年の特殊詐欺の認知件数は前年比8.3%増の1万9033件で、2009年以降で最多となったことが警察c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る