告発型消費者運動、真価発揮へ 亀山亜土さん🔒

日本消費者連盟共同代表・亀山亜土さん
◎実践重視、消費者の権利実現めざす

「日消連(日本消費者連盟)の運動では、取り組む課題の一つひとつに、運動の歴史を切り拓いてきた先人一人ひとりの思いが反映されています。各地の草の根運動とネットワークを構築し、告発型運動を提起し、常に、連帯という目標を掲げていく、そのような活動をめざしているのが日消連です」

日本消費者連盟亀山亜土共同代表

6月18日、日消連の第50回定期総会が開催された。総会後には、戦争に反対し、いのちとくらしを尊ぶ平和な社会をめざす運動に連携して取り組んでいる主婦連合会会長の河村真紀子さんや、韓国、台湾からの消費者を招いた国際シンポジウムも開かれた。佐々木ミヨ子さん、マーティン・フリッドさんとともに共同代表の重責を担うのが亀山亜土さんだ。住民運動に学生時代から取り組み、反公害や反原発運動を通じて多くの活動人士と交流を深めてきた。その過程で日消連創設者の一人、竹内直一さん(故人)や、元代表運営委員の富山洋子さんらの知己を得た。以降、日消連との協働関係を築いてきた亀山さん。昨年からはその担い手の一人へと立ち位置が変わった。

「日消連はこれまで食品、環境、有害物質排除など個々の取組では大きな成果を勝ち取ってきました。ただ、その活動を現在トータルでみたとき、日々新しい問題が生じ……(以下続く)

(本紙7月1日号「消費者問題はいまー提言」欄より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン
📌ファクティバ

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 欧州委員会が中国製の電気自動車(EV)に最大38.1%の追加関税を課す方針を示したことについて、欧州c
  2. sns
    静岡県内の相談窓口に寄せられた2023年度の消費生活相談件数は前年度比1.5%減の2万5719件となc
  3. 全国消団連学習会
    ◎データ利活用見すえ信頼醸成 インターネットにつながったIoT家電や住宅設備機器が普及する中、全国c
  4. 水
    全国清涼飲料連合会(全清飲)が毎年公表している「清涼飲料水統計」によると、2023年の清涼飲料水生産c
  5. PL研究学会
    日常生活の安全・安心の確立をめざすPL研究学会(大羽宏一会長)の製品リコール研究部会(渡辺吉明部会長c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る