使用済み発泡スチロール、有効利用率92.3% 回収拠点も整備

発泡スチロール協会(柏原正人会長)は7月11日、記者会見を開き、2022年度の活動実績と23年度活動計画を発表した。柏原会長は「2050年までに温室効果ガスの総排出量をゼロにする」「カーボンニュートラル、脱炭素社会を実現する」などの政府方針に沿った活動を推進していくことを改めて表明。昨年4月に施行したプラスチック資源循環促進法に基づき、プラスチックに関する環境問題への社会的関心を受け、社会の期待に応える活動を展開することも示唆した。

発泡スチロール協会

SDGsの達成に貢献する事業展開を表明した発泡スチロール協会の柏原会長(7月11日)

柏原会長は、同協会として「SDGsの達成に貢献できるよう、資源としての発泡スチロールの有効活用を積極化させていく」と強調。23年度の活動スローガンとして「発泡スチロールの優れた特性で地球環境を守る」を示したうえで、地球環境を守る持続可能な社会実現に寄与する活動にいっそう取り組む、と表明した。

発表によると、2022年の使用済み発泡スチロールの有効利用率は前年の92.0%を上回る92.3%。有効利用するための会員による回収・リサイクル拠点「エプシー・プラザ」は今年4月現在、全国に130拠点あることを紹介した。

小中高校生を対象とした環境学習にも力を入れ、生徒たちの工場見学にも積極的に助成していくとしている。すでに同協会への今年度の訪問要請は全国から30校を超えているという。

発泡スチロールは梱包材や断熱建材などに使用され、断熱性と緩衝性の特性を持つ。それに加え、軽量性、加工性に優れ、耐久性も高いことから日常生活の様々な分野で活用されている。それだけに、同協会の環境保護対策の実績向上と有効利用率の向上への取り組みに注目が集まっている。

(本紙「ニッポン消費者新聞」8月1日号より転載)

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自動車内の空気から発がん性が指摘される難燃剤成分が検出されたという最新研究が報告されたことを受け、消c
  2. アルミカップ
    スポーツイベントや商業施設で採用が進むアルミカップのリサイクルを進めるため、アルミ缶リサイクル協会なc
  3. サロン専売商品
    ◎サロン専売商品の一部に「生産ロスZEROプロジェクト」導入 アートネイチャー(東京都渋谷区、五十c
  4. 金融庁
    金融庁は6月25日、金融機関からの報告をもとにインターネットバンキングによる預金の不正払戻し状況をまc
  5. 東京都「悪質事業者通報サイト」
    都民からの通報を受け付け、悪質事業者の取り締まりや監視につなげる東京都の「悪質事業者通報サイト」の2c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る