<英国>ダイソン、グッバイ!コード付き掃除機 開発終了へ

  • 2018/3/8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英国の消費者団体「Which?」は3月6日、英家電大手ダイソンがコード付き掃除機からの撤退を表明したと伝えた。コードレス掃除機の最新モデル「ダイソンサイクロンV10」を発表する中で、創業者で開発者のジェームズ・ダイソン氏が開発終了の意向を示した。

ダイソン氏は「V10」の性能が向上していることを強調。「非常に軽く、強力で、家のあらゆる場所をディープに掃除できるようになった。これがコード付きモデルの開発を終了する理由だ」と説明した。販売中の製品については「今後も引き続き利用可能だ」とし、販売は継続するものの現行モデルが同社にとって最後のコード付き掃除機になる模様だ。

ダイソンの英国サイトでも、同氏は「新しい時代に入った。25年の道のりを経て、コードレス掃除機はコード付き掃除機の吸引力を持つまでに至った」とアピール。「コードの付いた掃除機よ、さようなら(Say ‘Goodbye’ to big corded vacuums)」と決別を宣言していた。

コードレス掃除機について、Which?は「軽量で使いやすく、汎用性が高い上、車内や狭い場所を掃除するのに便利だとして人気が高まっている」と分析。住宅の小型化、カーペットを敷いた床の不人気化、人口の高齢化などの傾向も普及を後押ししたとみている。Which?メンバーを対象とした昨年度調査では、半数がコードレス掃除機を所有していた。

コードレス掃除機はコード付き掃除機に課せられた厳しい規制の対象外。既存・新興メーカーの参入が相次ぎ、性能の劣る製品も出回っているという。Which?は「高性能な製品は少なくとも200ポンド以上するので、価格を重視するならコード付きを選ぶのがベストだ」とアドバイスしている。ちなみにダイソン「V10」は最も安い「アニマル」モデル(ペットのいる家庭向け)でも399.99ポンドする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. コンシューマー
    アメリカ消費者連合(CFA)は6月20日、設立50周年を祝う式典を開催したと発表した。傘下会員275…
  2. 消費者委員会
    消費者問題解決への手法としてIoTやAI(人工知能)を活用する検討が取り組まれている。消費者委員会は…
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会は、コープ(CO・OP)商品の商品力強化の取り組みの一環として、アレルギー対応…
  4. 講演する印鑰智哉さん
    4月の種子法廃止が食生活にどう影響してくるのかを考える学習会が6月20日、東京都消費生活総合センター…
  5. 消費者庁徳島オフィス
    昨年7月に徳島県庁に開設された消費者庁「消費者行政新未来創造オフォス」の開設1周年記念シンポジウムが…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー…
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る