17年度リコール台数、前年比51%減 タカタ関連減少で

  • 2018/4/16
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

国土交通省がまとめた2017年度の自動車リコール届出件数(速報値)は前年度比13件増の377件となり、過去2番目の多さとなった。一方、対象台数はタカタ製エアバッグ関連が約530万台減ったこととなどから、前年度比814万6674台減(51%減)の770万2340台と半減した。

リコール対象台数が最も多かったのは、日産の完成検査不正問題に絡んだ案件。同社は昨年10月、コンパクトカー「ノート」ほか40車種のリコールを届け出て、対象台数は110万4296台に及んだ。以下、発電機が作動せずエンジンが停止する恐れがあるとして、スバルが届け出た軽自動車「サンバー」の62万2348台、ステアリング装置の不具合でハンドルが重くなる恐れがあるとして、スズキなどが届け出た軽ワゴン車「パレット」ほか2車種を対象とした51万9651台、と続いた。

届け出件数の内訳は、国産車が前年度比20件減の204件、輸入車が33件増の173件。輸入車の届け出件数は過去最多となった。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 消費者庁
    商品の価格を据え置きながら内容量を減らす「ステルス値上げ(実質値上げ、隠れ値上げ)」――。 加...
  2. 東京地方裁判所
    NTTドコモに対して埼玉消費者被害をなくす会が訴えている控訴審第一回弁論が7月18日、東京高裁で開か...
  3. 香港消費者委員会
    セルライト除去クリームの効果はごくわずかで一時的、しかもボディーローションと同程度だった――。こうし...
  4. 日本消費者連盟
    韓国・ソウルで7月19日、日米韓の消費者・市民団体が遺伝子組み換え表示をめぐる国際シンポジウムが開催...
  5. 消費者庁岡村和美長官
    消費者庁は「7月豪雨」により被災した被災地での食品提供を安全性を確保しつつ実施することから、食品表示...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る