原因究明期間の短縮が課題 消費者事故調「5年後の見直し」🔓

  • 2018/5/18
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

設置5年が経った消費者安全調査委員会(消費者事故調)の「見直し」について、消費者庁は5月17日、「法令は十分整備されており、見直しの必要はない」としつつ、「調査期間の短縮が課題であり、原因究明の関連事項について幅広く検討できるよう運用の整備・強化が必要」との検討結果を消費者委員会に提示した。

消費者委員会ヒアリング

消費者事故調の見直しに関する評価結果が報告された消費者委員会(17日午後)

これまでの消費者事故調の調査は1件あたり平均1年から1年半で、消費者庁は調査の迅速化が必要との認識を示した。ただ、発足当初からの課題である「審議の原則公開」については「難しい」としている。

この評価結果は5月17日の消費者委員会のヒアリングの場で消費者庁が回答した。消費者事故調(消費者安全調査委員会)は、2012年10月1日に設置され、昨年10月で5年が経過。設置に際しての国会附帯決議では…(以下続く)

・この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. コンシューマーリポート
    クレジットカード発行会社が、会員に無料提供してきた特典の廃止・縮小を加速させている。シティーバンクは...
  2. 香港消費者委員会
    消費者問題に関する報道を表彰する第18回コンシューマー・ライツ・レポーティング・アワード(CRRA)...
  3. コンシューマーリポート
    「新車にスペアタイヤが付いてないことに気づいた! 私は騙されたの?」――。そんな消費者の質問に対する...
  4. 東京都庁
    東京都はこのほど昨年度のインターネット広告の監視事業結果を発表。2万4千件の広告を監視し、うち338...
  5. 電気ポットのパッキン
    お湯を沸かして保温する「電気ポット」に関連した子どものやけど事故が5年間に206件起きていることが8...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る