消費者基本計画工程表、実効性確保要求へ

消費者委員会(高巖委員長)は2月14日、消費者基本計画工程表第4回改定案について検討。実効性ある消費者政策の実施を消費者庁に提案していく。当日は、消費者庁担当官から改定案の説明を受け、項目ごとの施策について意見交換した。改定案には162項目の消費者施策が盛り込まれている。

消費者委員会

消費者基本計画工程表第4回改定案について検討する消費者委員会(14日)

消費者基本計画は5年間の消費者政策を盛り込んだもので、現在は2015年から19年度までの計画(第3期計画)が実施中。5年間という長期にわたることから、環境変化や新しい消費者問題に対処できるよう1年に1回、改定し、必要施策の追加・拡充・前倒し実施などの見直しを行うこととされている。消費者委員会が2月14日に検討したのはこの工程表の改定案。現在実施中の基本計画では第4回目の改定となる。

当日は消費者庁担当官が工程表改定案の概要を説明した。「SDGsの推進への取組」「成年年齢引下げ」「ギャンブル依存症」「在留外国人の増加」などへの対応策をはじめ、個人情報の高度な活用として「医療ビッグデータ」などの利活用も提示されている。また、消費者から要望の強い「自動運転の実現へ向けた制度整備」も盛り込んでいる。

これら施策数は合計162項目。消費者庁は今年6月をめどに、消費者政策会議の決定による改定実施を図る。消費者委員会では、実効性ある消費者施策の推進などの観点から、内容を検討していくとしている。

関連記事

新着記事

  1. 消費者庁
    消費者委員会は6月13日、「消費者法分野におけるルール形成の在り方等検討ワーキング・グループ」がまと...
  2. 東京都
    東京都消費生活総合センターは6月13日、高齢者と複数の店舗間で発生していた「アクセサリー等の過量販売...
  3. ベビーベッド用バンパーパッド
    アメリカ消費者連合(CFA)や米国小児科学会など4団体は6月13日、ベビーベッド用バンパーパッドの製...
  4. 東京都庁
    ■サイズや締め付け不足に注意 ■浮力が表示値満たさぬ製品も 水辺のレジャーのうち「海や川での水遊...
  5. 全国消団連加藤絵美理事
    国際消費者機構(CI)が実施した消費者意識調査で、IoT機器に対する日本の消費者の抵抗感が他の国に比...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る