ネットの中立性、米上院が存続を決定 消費者団体「歓迎」

米上院が「ネットの中立性」規定の撤廃を覆す決議案を賛成多数で可決したことを受け、消費者団体は5月16日、歓迎の声明を出した。パブリック・シチズンは「消費者と民主主義の勝利」、消費者情報誌コンシューマー・リポートは「インターネットの未来のための戦いの転換点になる」とコメントした。

ネットの中立性とは、通信会社にインターネットへの接続やコンテンツの利用を平等に扱よう求めた規定。オバマ政権時代に作られたものだが、2017年に米連邦通信委員会(FCC)が規定の撤廃を打ち出し、トランプ大統領もこれを支持。6月11日をもって撤廃し、新たな規定を発効する方針だ。

パブリック・シチズンは「ネットの中立性が維持されれば、政権を批判するサイトをブロックすることはできない。意図的にインターネットへの接続を遅くしたり、高額な料金を請求したりすることもできない。消費者は自由に見たいものを見て、利用したいものを利用できるということだ」とし、規定の重要性を訴えた。

上院では52票対47票で規定の存続が決定したが、下院ではどちらに転ぶか不透明な状況。コンシューマー・リポートは「下院でも依然として厳しい戦いに直面している上、最終的にトランプ大統領が決議案に署名する可能性は低い」と分析した。ただ、州政府がネットの中立性の存続に動き出す可能性があるとしている。

関連記事

新着記事

  1. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  2. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  3. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  4. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...
  5. 厚生労働省
    厚生労働省の検討会は5月20日、改正食品衛生法で規定された健康被害情報の届出義務の対象となる成分を示...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る