機能性表示食品公開請求裁判 原告側「公開こそ法の主旨」🔓

  • 2018/10/3
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

機能性表示食品をめぐる事後検証事業の資料公開を求めた情報公開請求訴訟の第3回弁論が東京地裁で9月25日、開かれた。7月の第2回弁論で原告消費者側の請求棄却・訴え却下を求めていた被告消費者庁の主張に対し、原告側が反論の準備書面を提出、その内容が明らかになった。

原告側準備書面は「事業者に不利益を生じさせるおそれがある」などとして不開示の正当性を主張する消費者庁に対し、「不利益があるからといって開示しないのではそもそも情報公開法を制定した意味がない」と主張。「知らされる権利」「選ぶ権利」などの消費者の権利を尊重することを国の責務として規定した消費者基本法と、その具体的方策となる情報公開の意義を強調、「国の責務と情報開示、事業者などの“支障”の具体性、法的保護に関する蓋然性など情報公開法に定める要件を消費者庁は真摯に検討した様子がない」と批判、「不開示は納得できない」と主張している。

次回は11月20日で、原告側は機能性表示制度の課題などを提起するという。

この裁判は今年2月、国(消費者庁)を相手取り、主婦連合会参与で元消費者委員会委員の佐野真理子さんが東京地裁に提起した。機能性表示食品の事後検証事業に関する商品名などの公開請求に対し、消費者庁の「不開示」決定とその理由を不服として、情報公開法に基づき訴えた(ニッポン消費者新聞3月1日号既報)。

9月25日の第3回弁論で原告側は「情報公開法は誰のためのものか」「何のための法律か」と大上段から問いかける準備書面を提出。不開示判断をした消費者庁側の…(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」10月1日号より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. カキ
    食品安全委員会の専門調査会は10月19日、ノロウイルスに関するリスクプロファイルの最終案を取りまとめ...
  2. ジャパネットたかた
    通販大手の「ジャパネットたかた」(長崎県佐世保市)が会員カタログや新聞折り込みチラシなどで不当な二重...
  3. 米連邦取引委員会
    詐欺の支払い手段として電子ギフトカードが悪用されるケースが増えているのは、各国共通のようだ。 ...
  4. 食品ロス対策で意見交換
    料理専門家として各省庁の食育関連検討会の委員などを務める服部学園理事長・服部幸應さんが10月17日、...
  5. クエスト社名公表
    「スマホをタップするだけでお金が稼げる」と謳う事業者に対する苦情相談が今年4月以降9月末までに全国の...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る