【米国】チョコだけじゃないペットの中毒 医薬品や洗剤も多発

  • 2019/2/27
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

米消費者情報誌コンシューマー・リポートは2月24日、ペットに有害な食べ物をリスト化し、医薬品や洗剤、電池にも気をつけるよう呼びかけた。同誌は「飼い主は犬からチョコレートを、猫からユリを遠ざけることは知っているが、ペットを危険にさらす可能性のある家庭用品はほかにもある」と指摘している。

米動物虐待防止協会にある動物中毒管理センターのディナ・ウィスマー氏によると、2016年の中毒相談件数は18万件を超えたという。

ペット(犬と猫)が食べて体調不良となった製品で最も多かったのが人が服用する医薬品。甲状腺薬やアセトアミノフェン、イブプロフェン、非ステロイド系抗炎症薬(アスピリンなど)などで中毒が報告された。フレーバーの付いた医薬品の場合、子犬が食べつくしてしまう恐れもあるという。

次いで食品。チョコレートはよく知られているが、キシリトールを含んだお菓子は特に要注意。犬にはぶどうやレーズン、玉ねぎ、にんにくも気をつける必要がある。

また、洗剤も中毒を引き起こす一般的な製品。濃度にもよるが、胃や足、口などが化学やけどになるおそれがある。そのほか電池やペンキにも要注意。さらに殺虫剤や殺鼠剤も間接的に危険だとし、殺鼠剤を食べたネズミを猫が食べて中毒になる事例があると指摘した。

こうした危険な食品・製品は密閉容器に入れて、ペットが触れられない場所に厳重に保管するよう呼びかけている。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 全国消費者大会
    全国の消費者35団体が実行委員会を結成し3月15日、都内で全国消費者大会を開催した。今年で57回目。...
  2. which
    ユニークな生活家電を世に送り出し、各国のテレビショッピング業界では知られた存在となっている英国JML...
  3. 景表法違反を指摘されたベビーマジック持ち帰り箱
    「国産小麦をたっぷり使用」などと不当な広告表示をしたとして、大阪府は3月13日、焦がしシュークリーム...
  4. U.S. PIRG
    米非営利団体U.S.PIRGは3月14日、大学生を飢餓から救う「キャンパス・ハンガー撲滅法案」を超党...
  5. 国民生活センター3輪自転車
    後ろに2輪が付いている構造の3輪自転車は、通常の2輪自転車よりも安定性があって高齢者には走行しやすい...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る