消費者トラブル経験者「188から相談」は2.9% 愛知県調査

消費者トラブル経験者のうち消費者ホットライン188(いやや!)を通して相談した人の割合が2.9%にとどまることが、愛知県の世論調査でわかった。相談先として最も多かったのが「メーカー、販売店」で、「どこにも相談しなかった」人が半数を占めた。今回の県政世論調査では、調査項目「消費生活に関する意識について」の中で、トラブルの相談先について詳しく尋ねている。

調査結果によると、ここ1~2年の間に経験した消費者トラブルについては「商品やサービスの品質・機能に問題があった」が12.6%と最も高く、次いで「事実と異なる広告や紛らわしい表示がされていた」3.8%、「断っているのにしつこく勧誘された、事実と異なる説明をされた」2.3%、「個人情報の流出・漏えい被害に遭った」2.3%、「苦情を言っても対応されなかった」1.7%などと続いた。一方、74.8%が「トラブルに遭わなかった」と答えた。

トラブル経験者に相談先を聞いたところ「どこにも相談しなかった」が52.3%と半数を超え、次いで「メーカー、販売店」25.1%、「家族、友人、知人」16.4%、「近くの市町村の消費生活センターまたは消費生活相談窓口」4.7%と続いた。「消費者ホットライン188からつながった消費生活センターまたは消費生活相談窓口」は2.9%、「愛知県消費生活総合センター」は1.5%、「国民生活センター」は0.6%、「消費者団体」は0.3%だった。

トラブルをどこにも相談しなかった理由は「被害が小さかったから」33.0%、「面倒だったから」32.4%、「相談しても納得のいく回答を得られないと思ったから」22.9%の順となった。以上の設問はいずれも複数回答で尋ねたもの。

調査は7月、県内在住の18歳以上の県民3000人を対象に行い、1507人から回答を得た。「消費生活」以外では「幸福感」、「食と農」、「フィッシング詐欺」、「アルコール依存症」などの項目を調査している。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 味ぽんラッピング電車
    ◎相性の良さを車両や中吊りでアピール 味ぽんとアジフライの相性の良さをアピールするため、ミツカンはc
  2. スバルファイブスター大賞
    国土交通省とナスバ(自動車事故対策機構)が実施する2023年度自動車アセスメントにおいて、スバル「クc
  3. 日本毛髪工業協同組合総会
    ◎取引ガイドラインの遵守・普及も積極化 「日本毛髪工業協同組合」の54回目にあたる定時総会が5月9c
  4. ゴマ
    米食品医薬品局(FDA)と米農務省(USDA)が公表した2023年の食品リコールは300件以上にのぼc
  5. 全葬連通常総会
    ◎事業者届出制度の導入も働きかけ 全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)は5月30日、第49回通常総c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る